トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬
d0030824_145932.jpg『JOHNNY ENGLISH REBORN』 イギリス/2011
監督:オリヴァー・パーカー
出演:ローワン・アトキンソン ジリアン・アンダーソン
ドミニク・ウェスト ロザムンド・パイク ダニエル・カルーヤ
ピク・セン・リム リチャード・シフ 伊川東吾
ティム・マキナニー ウィリアムズ・ベル
スティーヴン・キャンベル・ムーア イアン・ショウ




公開時コピー
どんな作戦[ミッション]も
すべて不可能にする男[スパイ]!!


「Mr.ビーン」で一大ブームを巻き起こしたローワン・アトキンソン主演によるスパイコメディの2作目。
監督は「理想の結婚」のオリヴァー・パーカー。
007やミッションインポッシブルなど、スパイ映画のパロディを満載し、イギリスならではのユーモアとジョークが楽しめる作品となっている。

<あらすじ>
イギリスの諜報機関MI7で一度はエースとして活躍を続けたジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)。しかし、モザンピークで大きな失態を犯してクビになり、チベットの僧院に引き籠もって修行に励んでいた。そんな彼のもとに、MI7から職務復帰の知らせがやってくる。
修行を終えた彼がMI7に戻ると、職場はすっかりと様変わりしていた。
彼は新しい上司は女性のペガサス(ジリアン・アンダーソン)から、英中首脳会談における中国首相の暗殺計画が進んでいることを聞かされ、計画阻止のミッションを与えられる。
新人スパイのタッカー(ダニエル・カルーヤ)と共に、暗殺計画を知らせてきた男のいる香港に飛んだイングリッシュ。
相変わらずの勘違いと慌てぶりでタッカーを翻弄しながらも、香港での任務を確実にこなしていくが…。
d0030824_151750.jpg

<総評>
まさかの続編となった本作。思えば前作では「Mr.ビーン」ことローワン・アトキンソンがあんなにもアクションができるなんて…と思っていたくらいですが、実は結構好きな作品でした。
そして本作はあり得ないくらいの大失態でクビになったイングリッシュがまさしく復活するというストーリーとなっています。前作で部下を演じたベン・ミラーが出演していなかったのは残念ですが、それにしても共演陣が豪華。ゆる~いギャグやユーモア、パロディたっぷりに見せてくれます。
さて、なぜかチベットでよくわからない修行をしていたイングリッシュ。返ってきたものの、任務失敗が大きなトラウマになっていて顔に出まくる始末。
それでも前作のようなドタバタではなく、香港で敵を追い詰めるシーンは圧巻のゆるさとおもしろさ。
なんともジョニーらしい追跡劇が繰り広げられます。
本作での大きな特長は、ジョニーが実は結構優秀で、優秀なのに間抜けというバランスが絶妙。
アクションシーンも格好良く、ラストまで飽きさせません。
そして、本家「007」では無くなってしまったスパイ小道具が本作ではたくさん登場して、楽しませてくれます。
主演のローワン・アトキンソンは替えがきかないジョニー・イングリッシュを怪演かつ好演。
相変わらず顔芸がすばらしいですね。
誰かと思えばジリアン・アンダーソン、意外とコメディが似合うのかな。
ドミニク・ウェストのうさんくさい感じ、何気に元ボンドガールのロザムンド・パイク、新人スパイを演じたダニエル・カルーヤも良い味を出していました。
本作のおもしろさはスパイ達の人間臭さでしょうか。
ジョニーの失敗は無茶苦茶ですが、それ以外の登場人物が意外とまともでありつつ、人間味に溢れるおもしろさがあります。
エンドロールにおまけ…これってよくよく考えると長回しなのかな。
とても楽しめた作品でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-03-05 01:00 | コメディ/パロディ
<< ロボジー 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ >>