トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
宇宙人ポール
d0030824_0163455.jpg『PAUL』 アメリカ/2011
監督:グレッグ・モットーラ
出演:サイモン・ペッグ ニック・フロスト
ジェイソン・ベイトマン クリステン・ウィグ
ビル・ヘイダー ブライス・ダナー
ジョン・キャロル・リンチ シガーニー・ウィーヴァー
声:セス・ローゲン




公開時コピー
ヒッチハイクしてきたのは…なんとエイリアン!?
友情は星を超える!


「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のサイモン・ペッグ、ニック・フロストのコンビが主演・脚本を手がけたコメディSF。
監督はコメディに定評のある「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のグレッグ・モットーラ。
声のみだが、ある名監督がカメオ出演している。

<あらすじ>
アメコミ業界最大のイベント“コミコン”に参加するため、イギリスからやってきたSFオタクのグレアム(サイモン・ペッグ)とクライブ(ニック・フロスト)。
彼らのもう一つの目的は、アメリカ西部にあるUFO関連の名所を巡ることだった。
キャンピングカーを借りて出発した彼らがエリア51やブラック・メール・ボックスなどを見て回ると、黒い車が後ろからやってくる。
追い越していった車はいきなり単独事故を起こし、そこに現れたのはポールという本物の宇宙人だったのだ。
彼は60年前、宇宙船の故障で不時着して以来、政府によって囚われていたという。
2人はアメリカ文化に染まりきったポールを連れて、彼が目指す場所へ連れて行くことを約束するが…。
d0030824_0164957.jpg

<総評>
宇宙人が登場する作品と言えば「未知との遭遇」をはじめ、「E.T」「エイリアン」と名作が揃うわけですが、昨年はそれらをリスペクトする「SUPER 8/スーパーエイト」が公開されました。
そして、同じ宇宙人ものとして本作となったわけですが、「SUPER 8」がジュブナイル的な要素を前面に押し出したのに対し、本作はその世代が子ども達が大人になった時の作品といえます。
さて、物語はイギリスのSFオタクの2人が、日本で言うコミケのようなアメリカの“コミコン”にやってくるところから始まります。男2人旅は行く先々でゲイカップルに間違われ、気弱な2人はテキサスの荒っぽい連中が苦手という感じ。
そんな彼らが出会ったのは、完全にアメリカナイズされて下ネタを連発する宇宙人ポール。
タバコを吸うわ、ハッパを吸うわと政府に囚われていた割りにはフランク過ぎたりして(笑)。
そんな彼らを、政府関係者が執拗に追跡してくるわけで、ロードムービー兼アクション要素も楽しめたりするんですが、これがいかにもアメリカン。
彼らが巡るのはUFO関連の地域やSF映画関連の場所が多数。そりゃもう、SF映画が好きなら笑ってしまうようなネタも面白い。
なんといっても、ポールがとても自然な動きを見せてくれる。見てくれはリトルグレイ、動きは一流コメディアン(セス・ローゲン)。こんな宇宙人がいても楽しいよね、と思わせてくれます。
主演のサイモン・ペッグとニック・フロストは息ピッタリ。
ちょっとクールなジェイソン・ベイトマン、お間抜けな部下にクリステン・ウィグとビル・ヘイダー、キリスト原理主義にブライス・ダナーやジョン・キャロル・リンチといったキャスティングもさることながら、やっぱりシガーニー・ウィーヴァーには驚いたなぁ。
ラストは意外と感動ものですが、構えることなく楽しめる作品です。
オススメ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-01-04 23:59 | コメディ/パロディ
<< 逆転裁判 ワイルド7 >>