トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
リアル・スティール
d0030824_6193856.jpg『REAL STEEL』 アメリカ/2011
監督:ショーン・レヴィ
出演:ヒュー・ジャックマン ダコタ・ゴヨ
エヴァンジェリン・リリー アンソニー・マッキー
ケヴィン・デュランド カール・ユーン
オルガ・フォンダ ホープ・デイヴィス





公開時コピー
「リアル・スティール」―。
それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。


ロバート・ゼメキス、スティーヴン・スピルバーグなどが製作総指揮を務め、「ナイト・ミュージアム」のショーン・レヴィがメガホンをとった家族愛の物語。
リアルなロボット達の描写が秀逸だが、ストーリーの結末は大方の予想通りになってしまうのが少し残念。
それでも、巧みな演出でディズニー映画らしい作品となっている。

<あらすじ>
人間同士が戦う格闘技の時代が衰退し、ロボットがリングで格闘する近未来。
元プロボクサーで、今はロボット格闘技に金をつぎ込むチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、その計画性の無さからあちこちで借金をしてはなんとか生活する日々。
そんなある日、彼の元に昔の恋人が亡くなり、赤ん坊の時以来会っていない11歳のマックス(ダコタ・ゴヨ)をひと夏の間、預かることになる。
何かと食って掛かるマックスに辟易しながらも、高性能なロボットを手に入れて再び戦いに挑むチャーリーだったが、いつもの計画性の無さで敗北してしまい、そんなチャーリーを見てマックスは苛立ちを募らせる。
帰り道、チャーリーはパーツをかき集めるため、ロボットの廃品置き場に忍び込むことに。
ついて来たマックスはそこで、ATOMという旧世代の小さいなロボットを見つける。見るからにオンボロだったが、マックスはATOMに備わっている特別な機能に気がつき、チャーリーを説き伏せてロボット格闘技に挑戦するのだが…。
d0030824_6194862.jpg

<総評>
「チャンプ」と「ロッキー」が元ネタの王道パターンと言ってしまえばすべて終わってしまう…わけじゃないのが、本作のいいところですかね。予告編見ただけで、わかってしまうようなストーリーとタカをくくったら最後、それでも泣けてしまうのがこの手の作品なのは間違いないです。
それはさておき、人より大きめのロボット達というより、ロボットを操作して戦う格闘技が市民権を得てしまった近未来が舞台ですが、ロボット以外に近未来感は無くて(笑)、むしろ現代にロボットだけが登場したような世界なわけです。それでも違和感を感じないのが、今の世界にロボットが身近になりつつあるからでしょうか。
さて、落ちぶれた元ボクサーのチャーリーは、猪突猛進的な性格、いうなれば後先考えずに突っ走るため、たとえ優勢でも劣勢になるという勝負力の弱さを持っています。ロボットの写真を撮るだけでお金をせびろうとしたり、強いロボット=勝てると思い込んでばくち的な戦いを挑んだり、息子を鬱陶しがったりとろくでもない父親の典型です。
そんな父親を見るに見かねつつ、自らの主張を曲げない息子のマックスは賢く、ATOMというロボットの特異性に気がついてロボット格闘技の世界に足を踏み入れます。
本作は父親であることの難しさ、親を選べない息子の不運を描きつつ、それがロボット格闘技を通して徐々に改善していく物語なわけですが、賢いマックスに嫌味が無いのがいいですね。
この手の作品でありがちなのが、とことんアホな親父と小生意気な子供という構図が観客にとって感情移入できないラインで描かれてしまうところなんですが、本作はそれがない。
作品としてはチャーリー目線なのに、観客の目線はマックスというのがおもしろいのです。
そして、目玉はロボット格闘技。
これが見事!本当にありそうなロボットデザインがすばらしく、もう1人の主役ともいえるATOMがなんともいえない雰囲気なのです(これは作品上、「不気味の谷」を排除した結果かも?)。
ATOMが少し困ったような、切ない表情なのに、戦いのシーンではなにかが違う。
落ちぶれた元ボクサー、力の無い子供、旧世代のロボットという関係性がそうさせるのか…これが変にかっこよいロボットだったらダメなわけですよ。
ATOMが戦うシーンは思わず力が入り、応援したくなってしまう。
そして親子愛、泣きどころ十分なクライマックスはベタにいいんだよなぁ。
ヒュー・ジャックマンはどことなく軽そうな感じがぴったり!
子役のダコタ・ゴヨが名演、この子はいいですね~。
「LOST」シリーズのエヴァンジェリン・リリーをはじめてみましたが、この女優はステキな感じです。
作品としてはベタベタな展開の物語ですが、全体の質は高くて面白い。
128分と少し長めですが、飽きずに楽しめる作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-01-02 06:19 | ヒューマン/ドラマ
<< ワイルド7 ミッション:インポッシブル/ゴ... >>