トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ラスト・ソルジャー
d0030824_325229.jpg『LITTLE BIG SOLDIER』 中国・香港/2010
監督:ディン・シェン
出演:ジャッキー・チェン ワン・リーホン
ユ・スンジュン リン・ポン







公開時コピー
逃げるが
勝ち!!


ジャッキー・チェンが構想に20年をかけ、原案・製作総指揮・武術指導・主演をした時代劇。
いつものアクションを織り交ぜながらも、演技に重点を置いた作品となっている。
共演のワン・リーホンはミュージシャンとして名を馳せ、俳優、映画監督としても名高い。

<あらすじ>
紀元前277年、戦国時代の中国。各地で争いが絶えない中、大国・衛の軍が小国・梁に攻め込む。
しかし、鳳凰山で梁の待ち伏せに遭い、壮絶な戦いの末に両軍とも全滅してしまう。
そんな中、梁の兵士(ジャッキー・チェン)が立ち上がる。彼は死んだふりをして生き残ったのだ。
戦場を物色していた兵士は、傷を負った衛の将軍(ワン・リーホン)を見つけ、捕虜として捕まえることに成功する。将軍は生き残った恥をさらすくらいならと何度も自殺を図るが、兵士は何度もそれを押しとどめる。
兵士は将軍を自国に連れ帰り、報酬の畑と金がもらえる幸運に希望を抱きながら将軍を連れて旅を始めるのだった。
そんな彼らを衛の捜索隊が追っていた。
捜索隊の目的は将軍の救出のはずだったが…。
d0030824_3254432.jpg

<総評>
「新宿インシデント」から、アクションよりも演技に注力しているジャッキー。
最新作の「1911」でも存在感を見せつけていますが、この手の時代劇ものはジャッキー映画では少ないため、新鮮ですね。
また、いつもの強いジャッキーではなく、死んだふりをして生き延びようとするずる賢さと大きな幸せを願う兵士を演じています。
一方、ワン・リーホンが演じる若き将軍は武芸に秀でており、ただ1人生き残ったこを恥じて何度も自害しようとします。この正反対な2人が追っ手を振り切りながら奇妙な珍道中を演じるロードムービーになっています。
さて、物語は衛と梁の戦い…中国の戦国時代と言えば三国志や秦の台頭が一般的ですが、本作の歴史的背景は秦よりも少し前の春秋戦国時代になります。まあ、中国に歴史には詳しくないですが、そんな時代が背景というのがジャッキーらしい選択かもしれません。
狡猾に生き延びた無名の兵士、そして若き将軍は当然反目し合いながら、主張を譲らず、時には戦い、そして追っ手から逃れるために協力しあっていきます。
物語の展開としては些か平凡ですが、本作のおもしろさは生存と尊厳といったところでしょうか。
生きることが正しいと信じる兵士、死んで不名誉を払拭したい将軍、全てが対照的な2人が友情を築いていく。彼らの行く手に待ち受けるラストはなかなかのもので、ジャッキーのこだわりが感じられます。
ジャッキーは演技に熱が入っているイメージ、ワン・リーホンはアクションもこなし、ジャッキーとの息もピッタリでした。
全体的にはいつものジャッキー節、おもしろさで言えば可も無し不可も無しといったところ。
ただし、ラストシーンを見ると本作のテーマがうまく現されています。
ジャッキー映画には珍しい作品かもしれません。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-12-04 03:26 | アクション/アドベンチャー
<< 白夜行 マネーボール >>