トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
マネーボール
d0030824_058555.jpg『MONEYBALL』 アメリカ/2011
監督:ベネット・ミラー
出演:ブラッド・ピット ジョナ・ヒル
フィリップ・シーモア・ホフマン ロビン・ライト
クリス・プラット ケリス・ドーシー
スティーヴン・ビショップ ブレント・ジェニングス
ニック・ポラッツォ ケイシー・ボンド ロイス・クレイトン
タカヨ・フィッシャー リード・ダイアモンド



公開時コピー
常識を打ち破る理論で
野球を変えた
ひとりの異端児の闘い。


メジャーリーグの球団アスレチックスの低迷期を大きく変え、常勝軍団に育て上げたゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンの成功を描いたノンフィクション。
「カポーティ」で高い評価を受けたベネット・ミラー監督による手堅い演出が見事な作品となっている。

<あらすじ>
低迷にあえぐアスレチックスのGM、ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、低予算故に活躍した3選手の移籍を止められず、その穴を埋めるべく新たな選手を探していた。
交渉に行ったインディアンズで、スタッフとして働いていた青年ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)に出会う。
ピーターは名門イェール大学の経済学部を卒業して、独自に選手を分析していたのだ。
彼の分析がインディアンズの選手移籍に影響を与えていることを知ったビリーは彼を引き抜き、ピーターの分析結果を基に安い選手で勝てるチームを作る経営戦略を打ち立てていく。
しかし、2人のやり方に反発をしたスカウト達は辞めていき、監督は2人が引き入れた選手を使おうとはしない。
チームは開幕から連敗が続くが、ビリーは自分の信念を貫き、やがてアスレチックスはある奇跡を起こす。
d0030824_059122.jpg

<総評>
オークランド・アスレチックスといえば、松井秀喜が所属していることで有名?ですが、元々このチームは古豪とも言うべき強さを持っていました。
しかし、徐々に低迷し、予算の少なさ故に力のある選手は引き抜かれる始末。
GMのビリー・ビーンは高校時代、走攻守に秀でた花形として注目されるものの、プロに入ってからはまったく活躍できずに引退、その後スカウトからGMになります。
さて、物語はそんな彼がチームを強くするために思い切った改革を進めていくところから始まります。
独自の理論を持つピーターと共に、主に出塁率にこだわった選手起用を考え、如何に低予算で勝ちを得ていくか…野球は大抵の場合、選手に求めるのは打率、本塁打、打点、守備力ですが、ビリーとピーターは出塁率にこだわります。
打てない選手がイコール使えない選手ではなく、如何にうまく使うかが焦点であり、そして如何に勝利に結びつけるか。
それらの流れで、ビリーの過去が少しずつ挟まれていきます。優秀な選手であったビリーの挫折は辛く、それ故に選手達にも意外とドライであったりする。
一方、ピーターは相棒でありながらも、それほど多く語られることはありません。
しかし、新しい野球理論を打ち立てたのは間違いなく彼であり、そしてビリーという理解者がいた…その化学反応というべきものが、チームに奇跡を起こします。
映画全体は非常に端的に物語が進みます。マネーボールと言われた野球理論は限りなくシンプルに描かれ、そして結果が出る。それだけの構造なのに、とてもテンポ良く進み飽きさせません。
主演のブラッド・ピットが主人公ビリーを好演、同時に製作も手がける意気込み。
ピーターを演じたジョナ・ヒルはちょっと爽やかな野球オタクをうまく演じています。
実質、この2人がほぼ出ずっぱりで、フィリップ・シーモア・ホフマン演じるアート監督とのやりとりが少なめだったのが残念。ロビン・ライトも一瞬でしたね。
きっちりとした構成とテンポの良さ、わかりやすい展開で野球の内幕が垣間見られる作品です。
オススメ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-11-28 00:59 | ノンフィクションベース
<< ラスト・ソルジャー 第7鉱区 >>