トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
カウボーイ&エイリアン
d0030824_0583690.jpg『COWBOYS & ALIENS』 アメリカ/2011
監督:ジョン・ファヴロー
出演:ダニエル・クレイグ ハリソン・フォード
オリヴィア・ワイルド サム・ロックウェル
アダム・ビーチ ポール・ダノ ノア・リンガー
アビゲイル・スペンサー バック・テイラー





公開時コピー
人類の運命を握る
記憶を失くした男
その正体 敵か味方か


製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、「アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴロー監督による新ジャンルともいえるSF西部劇。原作はスコット・ミッチェル・ローゼンバーグによるグラフィックノベル。
豪華な出演陣だが、全体的にはよくあるエイリアンとの戦いを西部劇に置き換えたという印象が強くなっている。

<あらすじ>
1873年、アリゾナ。
荒野で1人の男(ダニエル・クレイグ)が目を覚ます。奇妙な腕輪をしているが、記憶が全くない。
通りがかった荒くれ者を瞬時に倒し、馬と銃を奪った男は自分のことを調べるべく、小さな町にたどり着く。
その町はダラーハイド(ハリソン・フォード)という元軍人に支配されていた。
町で暴れていたダラーハイドの息子パーシー(ポール・ダノ)を軽くあしらった男は、酒場でエラ(オリヴィア・ワイルド)に話しかけられる。自分の事を知っていそうなエラだったが、直後に保安官が乗り込んでくる。
男はジェイク・ロネガンという列車強盗でお尋ねものだったのだ。
保安官に捕まったジェイクは移送されることになるが、そこにパーシーを助けるためにダラーハイドがやってくるが、突然、夜空に飛行物体が飛来し、町を破壊、人々を連れ去ってしまう。
その瞬間、ジェイクの持つ腕輪が光り、飛行物体を撃墜する。
ダラーハイドは、さらわれたパーシーや町の人々を救うため、ジェイクや男達、そしてエラと共に得体の知れない敵への追跡を開始する。
d0030824_0582535.jpg

<総評>
スピルバーグ製作、ファヴロー監督、そしてダニエル・クレイグにハリソン・フォード、今が旬のオリヴィア・ワイルド、さらに新ジャンルとくれば期待値は嫌でも高まるわけですが、はてさて蓋を開けてみれば意外と普通な作品になっていました。
西部劇は久しく作られておらず(インディアンとの対決ができない?)、新たな敵としてのエイリアンというわけです。
さて、ネタとしては新しいのですが、全体的な展開はいつも通りのエイリアンものというべきか…突然現れたエイリアンにさらわれた人々を助けるために、町の支配者ダラーハイドとならず者ジェイク、謎の美女、父親や奥さんをさらわれた少年やバーテンダーなどが無謀にも追跡を開始するわけです。
途中で、ならず者軍団との戦いも含まれつつ、お決まりのような醜悪エイリアンと対決するというのは、些か当たり前過ぎる感じ。
映像はいいんですが、西部劇ならではの戦い方が見られず、全体的な緩慢な印象を受けます。
もう少し、西部劇ならではのこだわりが欲しかったですね。
ダニエル・クレイグは容赦無しで怖い者知らずのジェイクを好演、ハリソン・フォードはかなり老け込みましたが、未だにアクションできるんですよね。
オリヴィア・ワイルドは中途半端な感じになりました。「トロン:レガシー」の美女ぶりやアクションが良かっただけに、本作は消化不良気味でした。
作品そのものは悪くないけど、秀逸というほどでもない…前評判が高かっただけに、割と平凡な作品で個人的にはちょっとガッカリです。
ただ、過去の西部劇の格好良さをちょっとずつ拝借しているので、ネタを探すと楽しいかもしれませんね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-10-31 01:03 | SF/ファンタジー/パニック
<< ミッション:8ミニッツ 一命 >>