トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
スターシップ・トゥルーパーズ2
d0030824_13434947.jpg『STARSHIP TROOPERS 2: HERO OF THE FEDERATION』
アメリカ/2004
監督:フィル・ティペット
出演:リチャード・バージ コリーン・ポーチ エド・クイン
    ケリー・カールソン エド・ローター ブレンダ・ストロング
    サンドリーヌ・ホルト J・P・マヌー


公開時コピー
あれから7年。奴らはさらに進化していた。

ロバート・A・ハインラインの同名小説(小説の邦題は「宇宙の戦士」)で、98年にポール・ヴァーホーヴェン監督によって映画化された続編。
本作の監督は「ロボコップ」や「スター・ウォーズ」の特撮を担当していたフィル・ティペット。
出演は「スピーシーズX 美しき寄生獣」のリチャード・バージ、今作が本格的な出演となるコリーン・ポーチ、前作では別の役で出演したブレンダ・ストロング、「スーパー・マグナム」のエド・ローターなど。

<あらすじ>
近未来、人類と昆虫型エイリアン“バグズ”との戦いは熾烈を極めていた。
地球連邦軍はバグズの星に軍隊を送り込み、その戦況をねつ造する一方、地球市民には「英雄求む」のCMを流し、兵士を募っていた。
その頃、敵の惑星でシェパード将軍率いる第701機動歩兵隊ブラボー部隊はバグズに囲まれ、絶体絶命のピンチに陥っていた。救出される見込みが無くなった部隊に将軍は撤退命令を下し、自らしんがりをつとめる。
ディード軍曹率いる部隊は、放棄された前線基地へと逃げ込むのだったが・・・。

***

前作は映画館へわざわざ見に行ったんですが、スクリーンに溢れかえる気持ち悪い昆虫エイリアンとスプラッターな映像に「うぇ~」と思ったんですが、それは差し引いても良くできた映画でした。
元々、この映画はヴァーホーヴェン監督が軍国主義や戦争の英雄などを皮肉った反戦映画で、これは原作者のハインラインの意図と合致します。

この続編ですが、低予算ながらもB級としてはなかなかの出来でして、前作が広大なフィールドを舞台にしたのとは一転、前線基地での戦いになります。
まあ、ぶっちゃけていうと「エイリアン」と「ヒドゥン」「スピーシーズ」に戦争の味付けを濃いめにした、SFホラー戦争映画(なんのこっちゃ)。
グロテスク、スプラッターな映画が苦手な人にはお勧めできませんな。

さて、前作同様のつっこみ所なんですが、武器を持たずに肉弾戦でかかってくるバグズに対し、地球連邦軍はマシンガンという極めてオーソドックスで、非効率な武器で戦ってます(マシンガンの名前が日本名だったな)。
実は原作ではパワードスーツという戦闘用ボディアーマーを着て戦う設定になってまして、これが映画では生身になっちゃったんですね。
パワードスーツが出てくる「宇宙の戦士」は日本がアニメ化しているので、興味ある方は是非。
ちなみに原作「宇宙の戦士」はガンダムの元ネタです。

余談が長くなりましたが、出演陣は大作映画の脇を固めていたり、それなりに見られます。
特撮部分は大分端折ってますけどね。
そういや前作で主演をつとめたキャスパー・ヴァン・ディーンはすっかりB級映画専門になってしまった。
まあ、これも余談ですけどね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-08-04 23:34 | SF/ファンタジー/パニック
<< ステップフォード・ワイフ ノイズ >>