トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
スリーデイズ
d0030824_234887.jpg『THE NEXT THREE DAYS』 アメリカ/2011
監督:ポール・ハギス
出演:ラッセル・クロウ エリザベス・バンクス
ブライアン・デネヒー レニー・ジェームズ
オリヴィア・ワイルド タイ・シンプキンス
ヘレン・ケアリー リーアム・ニーソン
マイケル・ビュイエ ジェイソン・ベギー
アイシャ・ハインズ RZA



公開時コピー
逃げ切れるのか。

2008年のフランス映画「すべては彼女のために」のハリウッドリメイク作品。
監督は「クラッシュ」「ミリオンダラー・ベイビー」など、アカデミー賞常連となった社会派作品が得意なポール・ハギス。
アクションは少なめだが、緊張感あふれるストーリーが展開する。

<あらすじ>
大学教師のジョン(ラッセル・クロウ)は、愛する妻ララ(エリザベス・バンクス)と6歳の息子ルーク(タイ・シンプキンス)と共に幸せに暮らしていた。
しかし、ある朝、突如警察が押しかけ、ララが逮捕されてしまう。
ララが勤め先の上司を殺害したという、殺人容疑だった。
彼女の無実を信じるジョンだったが、決定的な物的証拠によってララは20年の刑に服することに。
それから3年、ジョンは1人で息子を育てながら、ララが収監されている刑務所に向かう日々…だが、控訴が通らず、ララは自殺未遂をおこす。
ジョンはそんな彼女を見て、脱獄させることを決意し、綿密な計画を立てていく。
d0030824_24876.jpg

<総評>
フランス映画のリメイクというのは後から知ったのですが、オリジナル版のヒロインがダイアン・クルーガー。
これだけでちょっと見たくなりますね。
さて本作は脱獄させる側が主人公という目線が新しいですね。
しかも、主人公のジョンは大学の教師で銃の撃ち方も知らず、裏社会には疎い。
そんなジョンがある日、妻ララと引き裂かれたことから物語は始まります。
ララの容疑は殺人…物語序盤ではそれらのことは一切描かれず、ジョンとララの夫婦仲、ララの性格などが中心になり、唐突に逮捕という流れ…そして、ジョンの苦悩が描かれていきます。
本作の流れで重要なのは、妻のララが殺人を犯したかどうかという点についての真偽は語られず、ただひたすらに妻の無実を信じるジョンの目線であること。ジョンの信念には一切が疑問がなく、ただ彼女と息子との3人の生活を取り戻したいという一心で脱獄計画を企てていくのですが、裏の世界を知らないジョンは時に危ない橋を渡っていく。
本作は綱渡りのようなジョンの計画の立て方、そしてシミュレーションがひたすら続き、その緊張感は否応なしに高まっていきます。
計画を立て始めた序盤からいくつかの複線が張られ、クライマックスにつながっていく様は爽快そのもの。
しかし、爽快であると同時に見ている方も緊張感に襲われる物語の組み立て方には驚かされます。
実力派のラッセル・クロウとエリザベス・バンクスの演技は見事ながら、脇を固めるブライアン・デネヒーの存在感が抜群。特にラッセル・クロウの小市民ぶりは素晴らしく、いつもの強面かつふてぶてしさからは想像できない繊細なジョンを演じきっています。
追跡側の刑事だったレニー・ジェームズの描き方が少し少ないのが残念なのと、子どもの友人の母親ニコールを演じたオリヴィア・ワイルドは必要だったのかは疑問ですね(ニコールが偏見を持たない女性という点では良いのかも)。
それにしてもリーアム・ニーソンが脱獄のプロって、思わず「特攻野郎Aチーム」のハンニバルを思い出しちゃったじゃないか(笑)。
全体的に見事な出来映え、ただラストは若干賛否両論ありってところでしょうか。
そういや、劇中はトヨタのプリウスに、デジカメはルミックスやらと日本製品が目に付いたなぁ。
余談でしかないですけどね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-09-26 22:49 | ミステリ/サスペンス
<< ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌 世界侵略:ロサンゼルス決戦 >>