トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌
d0030824_12096.jpg『HARD-BOILED』 香港/1992
監督・出演:ジョン・ウー
出演:チョウ・ユンファ トニー・レオン テレサ・モウ
フィリップ・チャン ボウイー・ラム クワン・ホイサン トン・ワイ
國村隼 アンソニー・ウォン






公開時コピー
目がまわる!息がつけけない!
これがぶっちぎり 酸欠ハードアクションの決定版!!


「男たちの挽歌」シリーズ(といっても邦題として揃えているのみ)の中でも、特にハードなアクションが展開するアクション映画の傑作。
序盤と終盤の銃撃戦の凄まじさは、アクション映画における名シーンのひとつ。
なお、本作の続編として、アクションゲームの「ストラングルホールド」が製作されている。

<あらすじ>
ユン警部補・通称テキーラ(チョウ・ユンファ)は、腕利きながら強引なやり方で騒ぎを拡大することは日常茶飯事。ある夜、拳銃取引現場を張り込んだテキーラ達は、取引の現場を押さえるものの、激しい銃撃戦となってしまう。殺し屋(國村隼)との戦いで、相棒のア・ロン(ボウイ・ラム)が殉職し、さらに上司のチャン警視(フィリップ・チャン)が送り込んでいた潜入捜査官も死んでしまう。
その数日後、図書館でひとりの男が何者かに殺される。武器密輸を生業とするマフィアのボス、ホイの腹心トニー(トニー・レオン)の仕業だった。
トニーの腕前を見込んだ対立組織のボス、ジョニー(アンソニー・ウォン)は彼に裏切りを持ちかける。
一方、テキーラはここ最近の武器密輸がジョニーの手によるものだと知り、取引現場を押さえようと単身乗り込むことを画策するが…。
d0030824_1243642.jpg

<総評>
香港映画時代のジョン・ウー監督作品の代名詞が「男たちの挽歌(原題:英雄本色)」シリーズです。それまでブルース・リーからジャッキー・チェンとカンフー映画か武侠映画一色だった香港映画の中に、香港ノワールを確立。その中でも「英雄本色」シリーズとは別に、本作と「狼/男たちの挽歌・最終章」は最もジョン・ウー色が出た作品と言えます。
ジョン・ウーといえばチョウ・ユンファ出演というくらいに、コンビを組んでいた2人ですが、本作ではトニー・レオンがもう1人の主人公を演じており、この役がブレイクするきっかけになりました。
さて、物語は序盤から激しすぎる銃撃戦の嵐、拳銃なのに30発くらい撃っている勢いで吹き飛ぶ店内、蜂の巣となる警官、マフィア、一般人。
ここで國村隼演じる不気味な殺し屋とユンファの一騎打ちが素晴らしい。
さらに悪役達のふてぶてしさが見事で、アンソニー・ウォン演じるジョニーの卑劣漢ぶりが憎たらしく、本作を盛り上げていきます。
そしてクライマックス、ワンカットで撮られた病院内の銃撃戦の凄さ、男気あふれる殺し屋との戦い、そして一般人も巻き込まれるという徹底したバイオレンス描写は圧巻。
ただ、「英雄本色」シリーズほどはシナリオが練り込まれていないのが少々残念で、アクションありきになってしまったのがもったいない。
しかし、それを補ってもあまりあるアクションの数々は必見。
近年のアクションに飽きた方にはオススメです。
なお、続編となるゲームの「ストラングルホールド」は、PS3にしてはCGが荒く若干残念な出来。
まあ、ハンドガンが無限に撃てるのには笑っちゃいます。こちらも興味ある方は是非に。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-09-28 01:25 | ハードボイルド/犯罪
<< 深呼吸の必要 スリーデイズ >>