トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
モールス
d0030824_4561550.jpg『LET ME IN』 アメリカ/2010
監督:マット・リーヴス
出演:コディ・スミット=マクフィー クロエ・グレース・モレッツ
イライアス・コティーズ リチャード・ジェンキンス
カーラ・ブオノ サーシャ・バレス ディラン・ケニン
クリス・ブラウニング リッチー・コスター ディラン・ミネット
受賞:ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 他




公開時コピー
最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー

2008年に公開され、高い評価を受けたスウェーデン発のサスペンスホラー映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のリメイクとなる。ただし、監督のマット・リーヴスはリメイクではなく、再映画化としている。
原作はヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの同名小説。
ハリウッド映画化に伴い、物語の舞台と登場人物の名前が変更された。
なお、主演のコディ・スミット=マクフィーとクロエ・グレース・モレッツの高い演技力は数々の映画賞に輝いている。

<あらすじ>
ニューメキシコ州ロスアラモス、雪に閉ざされた田舎町に住む12歳のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)。彼は学校でのいじめと両親の離婚問題に悩み、夜には団地の中庭で孤独に過ごす日々。
そんなある日、隣の部屋にアビー(クロエ・グレース・モレッツ)という少女が父親と共に引っ越してくる。
真冬でも薄着で裸足という格好で、謎めいた雰囲気のアビーに惹かれたオーウェン…夜の中庭で少しずつ会話する内に打ち解けていき、部屋の壁越しにモールス信号で会話を交わすまでになる2人だった。
時を同じくして、町では猟奇殺人事件が続発する。
d0030824_4562733.jpg

<総評>
オリジナル未見、原作未読でとりあえず何の情報もないままに見てきました。
単純にサスペンスだと思っていたので、まさかヴァンパイアものとはつゆ知らず。ただ、完全にティーンに向けた「トワイライト」シリーズのようなものではなく、実によく練られたストーリーが展開します。
オリジナルでは、少年がオスカー、少女がエリとなっており、オスカーはブロンドでエリは東欧のミステリアスな雰囲気の黒髪です。本作ではそれが逆転している点にも、アメリカとスウェーデンという舞台設定の変更が影響しているように思えますね。
さて、物語の構造そのものは至ってシンプル。
ヴァンパイアの少女に惹かれた少年、そして少年の抱える問題、猟奇殺人事件。これはアビーを中心としたバラバラのベクトル構造になっています。物語だけを見ればオーウェンが中心と思われがちですが、本作は全てアビーが中心であることに尽きます。
彼女が現れた事で変化するオーウェンの環境、そしてアビーの絶対的な秘密と艶やかさ。
本作が何よりも怖いのは、オーウェンが多感な時期の少年であることに対して、純真さの中にある女性特有の魅力を持つアビーが、どこまでもミステリアスであり続けるところです。
ラストは何とも言われぬ感動があるのですが、よくよく考えてみれば相当に恐ろしい…ラストの意味と共に、物語を振り返ると、モールスを使う初めての瞬間もまた、ある種の恐怖を含んでいるのです。
映像自体は秀逸なカメラワークによって、落ち着いた雰囲気と共にリアルな恐怖をあおります。
CGシーンがちょっと…と思う人もいますが、これって”不気味の谷”の現象ですね。
それを計算して描かれているのだとすれば、本作はホラーとしての出来も秀逸ですよ。
いずれにせよ、オリジナルと比べても遜色のない作品と言われている本作、ラストまで目が離せない秀作です。

<関連作品>
ぼくのエリ 200歳の少女 (オリジナル)
モールス (リメイク)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-08-20 23:15 | ホラー/オカルト
<< ハンナ メカニック >>