トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
d0030824_134206.jpg『TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON』
アメリカ/2011
監督:マイケル・ベイ
出演:シャイア・ラブーフ ジョシュ・デュアメル
ジョン・タートゥーロ タイリース・ギブソン
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー パトリック・デンプシー
ケヴィン・ダン ジュリー・ホワイト ジョン・マルコヴィッチ
フランシス・マクドーマンド
声:ピーター・カレン ヒューゴ・ウィーヴィング
レナード・ニモイ

公開時コピー
裏切ったのは、人類か、友なのか-

マイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ製作の人気シリーズ第3弾にして、一応の完結編。
初の3D作品となり、「アバター」のキャメロン監督も太鼓判付き。
前作までのヒロインだったミーガン・フォックスが降板し、新ヒロインにモデル出身のロージー・ハンティントン=ホワイトリーがデビューした。

<あらすじ>
1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸に成功した。その歴史的偉業達成の裏側にはNASAとアメリカ政府の極秘任務があった。月面の裏側にオートボットの宇宙船が不時着していたのだ。
しかし、その事実は伏せられ、オプティマス達にも知らされてはいなかった。
そして現代、ディセプティコンとの戦いを二度経験したサム(シャイア・ラブーフ)は、新しい恋人カーリー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)と暮らしていたが、大学卒業以来、未だに職に就けずにいた。
いくつかの面接を経て、アキュレッタ・システムズ社のメール配達人として働くことになったサム。
しかし、社内にそんな彼を付けねらうジェリー(ケン・チョン)がいた。
一方、オプティマス達はロシアのチェルノブイリである発見をしていた。
それは旧ソ連時代に月から回収したあるものだった。
サムは再び戦いに巻き込まれていくが…。
d0030824_134341.jpg

<総評>
圧倒的なCG使用率と合成技術に、3Dが加わったシリーズ最新作。
相変わらずのマイケル・ベイ監督らしい派手さと、ぶっとんだシナリオで楽しませてくれる娯楽作となっています。トランスフォーマーの数が増え、ディセプティコンの参謀ショックウェーブが登場。
さらにオートボット軍団の車も車種が増え、バンブルビーのシボレーに加え、フェラーリ、ベンツ、ハマーなどが登場し、もちろん車形態でのカーチェイスも迫力十分。
そして今回はヒロインが変更…前作までヒロインのミカエラを演じたミーガン・フォックスはベイ監督との不和で降板したそうですが、本作ではミカエラがサムをふったことになっています。これって皮肉でしょうかね(笑)。
さて、序盤はサムの就職活動、中盤はオプティマス達との行動、そして終盤は圧倒的なアクションシーンの数々で、なんだかもうやりたいことをやりました!みたいなノリになっています。
ビルが倒壊するシーンや、ウィングスーツによる滑空シーン、予想以上に体を張る主人公サムの活躍など、とにかく見所は必要十分。
ジョン・マルコヴィッチやフランシス・マクドーマンドなど、演技派を惜しみなく使って、さらにバズ・オルドリン本人を出すなんて、あざとさを通り越して拍手もの。
ラストが意外とあっさりしたものの、3D映像は文句なしの出来映えでした。
しかしまあ、相変わらず長い。2時間30分の長尺で3Dは結構厳しいものがあります。
この手の作品ってやっぱり余韻が短いけど、かなり楽しめる作品、おすすめです。

<関連作品>
トランスフォーマー (1作目)
トランスフォーマー/リベンジ (2作目)
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (3作目)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-08-15 23:42 | SF/ファンタジー/パニック
<< メカニック 復讐捜査線 >>