トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
復讐捜査線
d0030824_3283383.jpg『EDGE OF DARKNESS』 イギリス・アメリカ/2010
監督:マーティン・キャンベル
出演:メル・ギブソン レイ・ウィンストン ダニー・ヒューストン
ボヤナ・ノヴァコヴィッチ ショーン・ロバーツ
デヴィッド・アーロン・ベイカー ジェイ・O・サンダース
デニス・オヘア ダミアン・ヤング カテリーナ・スコーソン





公開時コピー
娘の仇は、俺が撃つ!
愛する娘の命を奪った巨大なる陰謀、
男は今、すべてを捨てて怒りの引き金を引く…。


1985年にイギリスで放映された全6話のミニドラマシリーズ「刑事ロニー・クレイブン」の映画化。
オリジナルはイギリスのTVドラマを変えた最高傑作と言われている。
また、オリジナルの監督は本作と同じくマーティン・キャンベルが手がけており、彼の出世作ともなった。
主役のメル・ギブソンは数々の問題から映画界を離れていたが、本作で約8年ぶりに俳優業に復活している。

<あらすじ>
ボストン市警の刑事トーマス(メル・ギブソン)は、マサチューセッツから帰郷した娘のエマ(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)と再会する。自宅に帰った2人だったが、エマが突然倒れ病院へと向かおうとする。
しかし、玄関口に出たところでエマが何者かに撃たれてしまい、そのまま息絶えてしまう。
捜査にあたった同僚の刑事達はトーマスに恨みを持つ誰かの犯行で、弾が逸れてエマに当たったと結論づけるが、身に覚えのないトーマスはエマの身辺を洗い始める。
そして彼は、エマが勤めていたノースモア社の同僚で恋人だったデヴィッド(ショーン・ロバーツ)へとたどり着く。
何者かにおびえるデヴィッドから、エマの所持品と部屋の鍵を受け取ったトーマスは、彼女の住んでいたアパートメントへとやってくる。
そこで彼は所持品から意外なものを見つけ、彼女が殺された理由に少しずつ近づいていく。
d0030824_3284336.jpg

<総評>
「アポカリプト」や「パッション」の監督として、非凡な才能を発揮したメル・ギブソン…しかし、彼自身の素行からハリウッドでは干された状態で早9年。すでに55歳となった彼の復帰作はお得意のポリティカル・アクション!
これが「カジノロワイヤル」のマーティン・キャンベル監督自身の出世作となった作品のリメイクというんだから、おもしろくないなんてことがあるか!ってことで見てきました。
それにしたって、邦題の「復讐捜査線」ってB級感が漂いまくりで、なんとなくセガール映画的なものを想像しちゃいましたが、さすがキャンベル監督!骨太なハードボイルド・サスペンスで一安心です。
さて、本作は娘を殺された父親の復讐劇なんですが、実は娘の霊と話すことができるという、ちょっとしたファンタジー要素が含まれています。ハードボイルドなのにそれってありなの?って思いますが、これが良いスパイスになるんだよなぁ。
主役のメル・ギブソン、さすがに頭髪も少し寂しくなり、顔も深い皺が刻まれて中年男の哀愁たっぷり。
時にハードに、時に涙もろく、復讐だけではなく娘が殺された真相にひとつずつ迫っていく様が格好良い。
そんな彼の前に現れるのがもめ事を処理する謎の男ジェドバーグ…レイ・ウィンストンが演じているのですが、ふてぶてしさの中にある男気を見事に演じています。
やっぱりメル・ギブソンは格好いいなぁ。ラストは少しほろっとしてしまいました。
そうそう、娘のエマを演じたボヤナ・ノヴァコヴィッチが可愛い&美人で高評価。
それにしたってこのストーリー、今の日本には結構シビアなネタかもしれません。
メル・ギブソンが好きならオススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-07-30 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< トランスフォーマー/ダークサイ... アンダルシア 女神の報復 >>