トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
アンダルシア 女神の報復
d0030824_23544080.jpg『ANDALUSIA』 日本/2011
監督:西谷弘
出演:織田裕二 黒木メイサ 戸田恵梨香
福山雅治 伊藤英明 鹿賀丈史 谷原章介
夏八木勲






公開時コピー
守るべきものは、誇りか、愛か

ヒット作「アマルフィ 女神の報酬」、TVドラマ「外交官 黒田康作」シリーズの続編。
原作は真保裕一、ストーリーは本作のみで簡潔している。
なお、「アマルフィ」がほぼ全編イタリアオールロケだったが、本作ではいくつかのシーンが東京で撮影された。主題歌は前作でサラ・ブライトマンが歌っていた「TIME TO SAY GOODBYE」を、イル・ディーヴォが歌っている。

<あらすじ>
スペイン北部に隣接する小国・アンドラのホテルで日本人投資家の川島(谷原章介)が遺体で発見される。フランス・パリで行われていたサミットで外務大臣についていた外交官・黒田(織田裕二)は、直ちに現地に向かうよう指示される。
現場にいたのは第一発見者のビクトル銀行行員・新藤結花(黒木メイサ)とICPOの捜査官・神足(伊藤英明)だった。結花の話不自然な点を感じた黒田は彼女を見張ることに…その夜、何者かが彼女を襲い、黒田は彼女を連れてスペインにある一番近い日本領事館へと向かう。
一方、神足もまた結花を見張っており、2人を追ってスペインへ。
黒田は川島の死の真相を探るうちに、ビクトル銀行に絡むマネーロンダリング事件に近づいていくが…。
d0030824_23563485.jpg

<総評>
織田裕二のハマリ役として定着しつつある外交官・黒田康作。「アマルフィ」のヒットを受けてTVドラマも製作されるに至りましたが、どうやらドラマは日本を舞台にしたためにいまいちという評価だとか。
それはさておき、やはり外交官という設定上、海外で活躍する方が物語としては盛り上がるわけです。
本作は外交官の他に、海外で活躍する有名な職業のひとつICPO(国際刑事警察機構)の神足が登場し、日本という国の立場を持つ黒田と対照的な立場となっています。
事件の発端は投資家の死から始まり、そこに関わるマネーロンダリングとヒロインである結花との関連性に迫っていきます。
その中で黒田と結花の微妙な距離感が描かれ、今までクールな立場を崩さなかった黒田の一面が垣間見られる展開になります。また、ICPOの捜査官である神足の活躍と黒田との確執、そしてクライマックスに至るまで、物語の骨子は非常にしっかりとしている印象ですね。
舞台となるスペインの情景は美しく撮られ、特にアンダルシアは見事な空撮で見せてくれます。ただ、残念なのはアンダルシアのシーンが意外と少なかったところでしょうか。
しかし、全体的なスタイリッシュ感は前作に劣らず、サスペンスとしてはなかなか楽しませてくれます。
黒田と神足の掛け合いも、一昔前の探偵小説みたいでちょっと懐かしい感じ。
ヒロインを演じた黒木メイサもミステリアスな感じが出ていました(前作から登場の戸田恵梨香の活躍が少なくてちょっと残念)。
それにしても福山雅治、スペイン美女とのキスシーンはとても嬉しそうだったなぁ(笑)。

<関連作品>
アマルフィ 女神の報酬 (1作目)
アンダルシア 女神の報復 (2作目)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-07-19 22:34 | ミステリ/サスペンス
<< 復讐捜査線 アイ・アム・ナンバー4 >>