トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
d0030824_455239.jpg『HARRY POTTER AND
THE DEATHLY HALLOWS: PART II』
イギリス・アメリカ/2011
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター ロビー・コルトレーン
トム・フェルトン マシュー・ルイス レイフ・ファインズ
ブレンダン・グリーソン アラン・リックマン マギー・スミス
デヴィッド・シューリス ボニー・ライト


公開時コピー
これが最後。

J.K.ローリング原作の人気シリーズ7作目にして、完結編第2部。
シリーズとしては最初で最後の3D対応作品となる。
前作とは違い、アクションシーン満載のスピーディな展開が目白押しとなった。

<あらすじ> 前作のネタバレを含みます!
ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)の魂が分けられた分霊箱を探し出して壊すため、旅を続けたハリー(ダニエル・ラドクリフ)、ロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)だったが、何人かの仲間を失っていた。それでもヴォルデモートを倒すために突き進む彼らは、死喰い人ベラトリックス(ヘレナ・ボナム=カーター)の金庫に分霊箱が隠されていることを突き止め、銀行に忍び込む。
一方、ホグワーツはスネイプ(アラン・リックマン)が新たな校長に就任したことで、かつての活気は失われていた。
ハリーは、ヴォルデモートとのつながりにより、新たな分霊箱がホグワーツにあることを感じ取る。
そして戦いの舞台はホグワーツに移り、ヴォルデモート率いる死喰い人の軍団との最終決戦が開始されることに。その中で、ハリーは今まで隠されていた驚愕の事実を目の当たりするのだった。
d0030824_4554286.jpg

<総評>
原作を「不死鳥の騎士団」で止めてから、映画のみで追っていた本シリーズ。
「謎のプリンス」でそのストーリーに驚愕し、ラストの展開が予想つかなかったために非常に楽しみにしていました。監督が「不死鳥の騎士団」から一貫してデヴィッド・イェーツになったことで、ストーリーの繋がりが非常にスムーズで見やすくなっています。
ちなみに3Dではなく、通常上映でみました。3Dである必然性もあまりなかったような…まあ、映像は迫力あるので、良いかと思いますが、字幕の3Dって無駄に疲れるんですよね。
さて、復活を遂げたヴォルデモート、そして彼を崇める死喰い人の軍団によるホグワーツ攻城戦、そしてホグワーツ側の意外な人物の大活躍、主要キャラクターの死など物語は一気に加速していきます。
何よりもハリーとヴォルデモートとあの人物の意外な関係性は、原作未読であればあるほどに驚きを持って語られ、今までのストーリーをハッキリとした形で裏付けされ、かなり感動してしまいました。
ほぼ全編に渡って繰り広げられる魔法決戦は圧倒的な描写力で、PART Iが如何に人物描写に重きを置いていたのかがわかります。
ちょっと残念だったのが、ハリーとヴォルデモートの戦いが中心となりすぎて、シリーズ通しての主要キャラクターの戦いや死がおざなりだったり、ロンとハーマイオニーの活躍が少なかったところでしょうか。
正直に言うと3時間くらいあったって構わないと思っていたので、もう少し見たかったですね。
主演の3人はすっかり成長していますが、10年にも渡って同じシリーズに出続けるのは並大抵のことじゃありません。もちろん他のキャストもほぼ変わることなく出演を続けていたわけで、如何に本作がシリーズものとして人気が高かったのか窺い知れます。
まさにすべての謎が明かされた最終作、ファンならもちろん必見。
まだ、シリーズを見たことない人は是非最初から見ることをオススメします。

<関連作品>
ハリー・ポッターと賢者の石 (1作目)
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2作目)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3作目)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (4作目)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (5作目)
ハリー・ポッターと謎のプリンス (6作目)
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART I (完結編・第1部)
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART II (完結編・第2部)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-07-16 04:50 | SF/ファンタジー/パニック
<< アイ・アム・ナンバー4 ハングオーバー!! 史上最悪の... >>