トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
d0030824_1303651.jpg『SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD』 米・英・カナダ/2010
監督:エドガー・ライト
出演:マイケル・セラ メアリー・エリザベス・ウィンステッド
キーラン・カルキン クリス・エヴァンス アナ・ケンドリック
アリソン・ピル オーブリー・プラザ ジョニー・シモンズ
マーク・ウェバー エレン・ウォン サティヤ・バーバー
ブランドン・ラウス ブリー・ラーソン メイ・ホイットマン
斉藤慶太 斉藤祥太 ジェイソン・シュワルツマン
公開時コピー
ゲーム、ロック、イケてる彼女、
それがぼくの人生の必勝アイテム!


日本のポップカルチャーに多大な影響を受けたブライアン・リー・オマリーの同名コミックを、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト監督が実写化。
出演は「JUNO/ジュノ」のマイケル・セラ、「ダイ・ハード4.0」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、「17歳の処方箋」のキーラン・カルキン、「フェイク シティ ある男のルール」のクリス・エヴァンス、「マイレージ、マイライフ」のアナ・ケンドリック、「ミルク」のアリソン・ピルなど。

<あらすじ>
d0030824_1304699.jpgカナダのトロントに住むガレージバンド“セックス・ボムオム”のベーシスト(無職)、スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、年下で高校生のナイブス(エレン・ウォン)付き合っていた。
そんなある日、夢の中で見た女性ラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に一目惚れ、しかもその夢の彼女は実際に存在していたのだ。
ナイブスと高校生のようなデートをしながらも常にラモーナのことが頭から離れないスコット。
ようやく彼女と話せる機会を作り、デートにこぎ着け、次のバンドバトルにラモーナを招待する。そんな彼の前に突然現れた男マシュー・パテル(サティヤ・バーバー)が戦いを挑んでくる。マシューはラモーd0030824_131165.jpgナの元カレで、7人の邪悪な元カレ軍団の1人だったのだ。
ラモーナと付き合うため、ナイブスに別れを告げなければならず、さらに次々と襲い来る元カレ軍団と戦い続ける羽目になる。


<作品解説>
ファンによる署名活動で日本公開が実現した「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト監督が手がけた長編3作目が、日本のマンガやゲームに影響を受けたブライアン・リー・オマリーの同名原作コミック。本作もまたファンによる署名活動で公開が実現したわけで、そういった意味ではエドガー・ライトの作風が日本の映画マニアにはたまらない作品です。
原作者のオマリーは、日本の「サルでも描けるマンガ教室」などに影響を受けてコミックを描き始めたらしいんですが、日本のオタク文化をそのまま消化しきり、それを見事に実写にしてしまったエドガー・ライトも凄いというかなんというか。
原作は未読なものの、基本的にファミコン世代なら楽しめる作品になっています。
さて、主人公のスコットは22歳無職。ゲイで金持ちのウォレスとルームシェアをするという不思議な生活をしながら、彼女はなぜか女子高生。
ところが、ラモーナという夢であった女の子に一目惚れし、それが実際に存在すると知るやいなや、あの手この手を使って近づこうと画策するわけです。
要するに二股をかけてしまうのですが、スコットにとってラモーナとデートすることが第一で、女子高生の彼女ナイブスのことは後回し。
どう転んでも最低な男で、しかもかなりモテるという実績付き。
そう、彼は無職でちょっとオタクでゲイと暮らして、彼女に金を出して貰うような人間なのにリアルでも充実しているという、矛盾した人物で、さらにケンカがやたらと強い。
そんなスコットがラモーナと付き合うためには、彼女が過去に付き合ってきた邪悪な元カレ7人(うち1人は元カノ)を倒さなければいけない運命に見舞われるわけです。
元カレ軍団はいずれもくせ者揃い。
火の玉を使ってきたり、超能力を持っていたりとまさにゲームの敵キャラそのものです。
映像は非常にレベルが高く、実はアクション映画としての出来は秀逸。
むしろ、そんじょそこらのアクション映画よりも楽しめます。
問題は非現実的なシーンが受け入れられるかどうか…あくまでもコミックの世界を映像化したと割り切ればかなり楽しめる作品です。

<見どころ>
先述したようにアクションシーンは驚くほどレベル高し!
ビジュアルエフェクトも十分で、次々と登場する元カレ軍団の能力がどんなものなのか期待せずにはいられません。
ラブコメとしても秀逸でスコット、ラモーナ、ナイブスの三角関係、元カレ軍団とラモーナの付き合いの中身やゲイのウォレスの皮肉めいたアドバイスもなかなかです。
また、音楽が聴きどころ。
ゼルダの伝説から始まり、ベックやコーネリアスが提供した楽曲の数々。
細かいところまで非常に豪華仕様(笑)。

<出演者>
主演のマイケル・セラは三枚目で憎めないスコットを好演。
早口でまくし立てるところは、ジェシー・アイゼンバーグっぽいですね(なんとなく2人は似てる)。
ラモーナを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド…なんか太った?でも脱いだシーンはなかなかのボディライン。この人はロングヘアの方が似合いますね。
ゲイのウォレスを演じたキーラン・カルキン、カルキンといえばあの人…久しぶりに見ました。
エレン・ウォンの暴走ぶりもなかなか、そしてクリス・エヴァンス、ブランドン・ラウスなどのアメコミヒーローを演じた俳優がいかれた元カレを演じていたりと見ていて飽きません。
それにしても斉藤兄弟、せめてまともなセリフが欲しかった。

<総評>
「キック・アス」がコメディタッチのハードアクションなら、本作はとことんラブコメに走ったファンタジーアクション。この手の作品はシネコンではやらないのが残念。
本作は原作ありきということで、いつものエドガー・ライト作品とは少し違った雰囲気ですが、カメラワークも秀逸、そして音楽がすばらしい!
オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-05-18 01:27 | アクション/アドベンチャー
<< 星を追う子ども GANTZ:PERFECT A... >>