トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
GANTZ:PERFECT ANSWER
d0030824_451244.jpg『GANTZ:PERFECT ANSWER』 日本/2011
監督:佐藤信介
出演:二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多
夏菜 綾野剛 千阪健介 緑友利恵 玄覺悠子 若葉竜也
阪田マサノブ 越村友一 橋本まつり 水沢奈子 奥瀬繁 平野靖幸
大石将史 神威杏次 戸田菜穂 綾野剛 伊藤歩 田口トモロヲ
山田孝之

公開時コピー
大切なものを守るため、彼らが犠牲にするものとは──。

奥浩哉の同名原作コミックを実写化したアクション映画2部作の第2部。
監督は前作に引き続き、「砂時計」の佐藤信介。
出演は「大奥」の二宮和也、「ノルウェイの森」の松山ケンイチ、「重力ピエロ」の吉高由里子、「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」の本郷奏多、「君に届け」の夏菜、「シュアリー・サムデイ」の綾野剛、「さよなら夏休み」の千阪健介、「白夜行」の緑友利恵、「ソラニン」の伊藤歩、「瞬 またたき」の田口トモロヲ、「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」の山田孝之など。

<あらすじ>
d0030824_4513831.jpg謎の黒い球体ガンツによって、謎の星人との戦いに参加させられた玄野(二宮和也)。
同じく戦いに参加した幼なじみの加藤(松山ケンイチ)は、戦いの最中に命を落としていた。
加藤を蘇らせるため、ガンツの採点で100点を取るべく、戦闘力を上げていく玄野はいつしか、ガンツによって連れてこられる人達を率いるまでになっていた。
そんなある日、玄野の前に死んだはずの加藤が現れる。
ガンツの死亡リストに載ったままの加藤…不可解に思う玄野、さらに新たな参加者が増えていく。
d0030824_4514913.jpg一方、ガンツについて調べ回る重田(山田孝之)は、黒服の謎の男(綾野剛)と接触を図り、ガンツについて調べを進めていた。
そして、ガンツの新たなミッションが下されるが、その戦いは意外な場所だった…。


<作品解説>
未だに原作コミックは未読なのですが、どうやら映画は独自のストーリー展開で完結となります。
本作公開前にTVスペシャルとして「ANOTHER GANTZ」が放映されていたのですが、こちらもまだ見ていません。
前作が思ったほどにアクションシーンが少なかったので、本作もあまり期待はしていませんでした。
案の定、前半はかなりだらついた印象…しかし、後半はスピード感あふれるアクションが展開します。
さて、物語は加藤の意志を継いだ玄野が「ガンツを抜け出す、それとも好きな人を生き返らせる」という100点まであと少しの状態から始まります。
しかし、ガンツの動きを探る謎の集団と男、そして小さいガンツを持つ女が登場し、徐々にストーリーが複雑化していく上に、それに対する答えがいまいち不明。
色々な部分が説明不足で、かなり唐突な作りになっています。
それらを補ったのが派手なアクションでしょうか。
電車内、商店街など含め、近年の邦画の中では相当派手です。
全体的にもう少し詰めてくれたらかなりおもしろかったんですが、少々蛇足気味の演出が気になりました。

<見どころ>
黒服星人との最初の戦いとなる電車内はすさまじい限り。
これはうまく撮ったなあというのが正直な感想。
生身の戦闘シーンはかなり楽しめます。

<出演者>
二宮和也がほぼ主演で、松山ケンイチはどちらかというと助演ですね…これって。
夏菜はほんの少しの登場となってしまいましたが、戦闘シーンで見せてくれたのは黒服星人の1人を演じた水沢奈子。
この子はかなり良かったですね。
キーマンとなった伊藤歩は、もっときれいだった印象があるんですが、なんとなく落ち着いちゃって残念。
うまいんだけどなぁ、花が無いというか。
山田孝之の役目は必要だったんだろうか。

<総評>
変にストーリーに凝らずに、もっとアクション映画として割り切った作りをしてくれた方が良かったですね。
正直なところ、前後編にするほどのボリュームか?と考えるとそうでもなかったり。
また、黒服星人以外が出てこない。
本当に単なる「人」同士の戦いになってしまったので、それがマイナス点でしょうか。
アクションシーンを除いて、あとは今ひとつ。
ただ、ラストだけは映画として割り切って完結させているから、これは続編無しと考えていいかもしれません。

<関連作品>
GANTZ (第1部)
GANTZ:PERFECT ANSWER (第2部)
ANOTHER GANTZ (TVスペシャル)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-04-29 23:48 | アクション/アドベンチャー
<< スコット・ピルグリム VS. ... エンジェル ウォーズ >>