トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
あしたのジョー
d0030824_211192.jpg『あしたのジョー』 日本/2011
監督:曽利文彦
出演:山口智久 伊勢谷友介 香里奈 香川照之 勝矢
モロ師岡 西田尚美 杉本哲太 倍賞美津子 津川雅彦




公開時コピー
運命の出会い、
宿命の対決。


アニメ化もされ社会現象にまでもなった高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや作画の傑作マンガ「あしたのジョー」が1970年版に続き、2度目の実写化。
監督は「ICHI」の曽利文彦。
出演は「映画 クロサギ」の山下智久、「十三人の刺客」(2010)の伊勢谷友介、「THE LAST MESSAGE 海猿」の香里奈、「SP 野望篇」の香川照之、「交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦」の津川雅彦など。
主題歌は宇多田ヒカル。

<あらすじ>
d0030824_2111168.jpg昭和40年代の東京。
下町のドヤ街のチンピラの矢吹丈(山下智久)は、どこにも行く当てもなくケンカに明け暮れる日々。
ある日、食堂でヤクザに絡まれたボクサー崩れの丹下段平(香川照之)のケンカに巻き込まれる。
しかし、段平は丈のパンチ力と恵まれた身体能力に惚れ込み、ボクサーになれと言うが、丈はそのケンカが元で少年院に送られてしまうのだった。
少年院でも暴れ回る丈、そんな彼の前に現れたのはプロボクサーの力石徹(伊勢谷友介)。
力石は既にチャンピオンになれるほどの力を持ち、いきなり拳を交えた丈は叩きのめされる。
しかし、丈の秘めたる才能に気付いた力石は、その時から丈を意識し始めるのだった。
一方、丈は段平から送らd0030824_2111886.jpgれてくるハガキに書かれたトレーニング法で力を付けていく。
そんな時、力石のジムのオーナーである白木財閥の令嬢・葉子(香里奈)がやってくる。葉子は少年院内の不満のはけ口になるとして、力石と丈の模範試合を提案する。
ライバル心をむき出しにする丈は、段平から必殺技を学び試合へと挑む。


<作品解説>
「あしたのジョー」と言えば、架空のキャラクター力石徹の死で本当に葬式が執り行われたほどの傑作マンガであり、まさしく不朽の名作です。
アニメ版ではテレビの他に劇場版が2作ありますが、1970年に本作と同じく力石徹との対戦まで描いた実写版がありました。実は原作はほとんど知らず、その世界観と力石との対戦だけが記憶に少しある程度なので、ある意味フラットな意識で見ることができました。
さて、物語は原作を大幅にアレンジ…というよりは、純粋にボクシングものとしてシナリオを詰め直しており、丈自信の悪党な部分がほぼカットされています。原作にあった人間ドラマとして展開は期待できませんが、ボクシングに賭ける情熱を純粋に描いたものとして成功していますね。
構成は大きく3つに分けられており、少年院での力石との出会い、プロボクサーとしてノーガード戦法を確立、そして力石との対決になります。
流れがシンプルな分、非常に分かりやすく、アクションシーンも多めでかなり見どころあり。
心配されていた丹下段平のコスプレのような香川照之が意外なほどに違和感が無く、むしろそれが驚き。
鍛え抜かれた肉体でぶつかる丈と力石との対戦は手に汗握ります。

<見どころ>
山口智久、伊勢谷友介の肉体美は圧巻。
そしてボクシングシーンが素晴らしい!クライマックスはわかっていてもグッときますね。
もう一つの見どころはドヤ街の再現度でしょうか。
よくもまあここまで作り込んだかと思うほどです。

<出演者>
山口智久はお世辞にもうまいとは言えないですが、好演していました。
そして伊勢谷友介のすさまじい筋肉…これは山口智久ともども純粋に凄い。
香里奈も悪くなく、それにしても香川照之。
もはや何でもこなす名優。

<総評>
冒頭の紙ヒコーキの微妙なCGで心配になりましたが、総じて楽しめた作品でした。
チープになりすぎず、力の入ったアクションシーンも良かったですね。
アニメやマンガが原作となるとキャスティングで左右されますが、本作は特に不満点もありません。
多くの下馬評を覆した感のある本作、個人的にオススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-02-13 23:59 | 恋愛/青春/スポーツ
<< (500)日のサマー GANTZ >>