トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
GANTZ
d0030824_3453488.jpg『GANTZ』 日本/2011
監督:佐藤信介
出演:二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多
夏菜 綾野剛 水沢奈子 千阪健介 白石隼也 伊藤歩
田口トモロヲ 山田孝之



公開時コピー
なぜ、
戦うのか──。


奥浩哉の同名原作コミックを実写化したアクション映画2部作の第1部。
監督は「砂時計」の佐藤信介。
出演は「大奥」の二宮和也、「ノルウェイの森」の松山ケンイチ、「重力ピエロ」の吉高由里子、「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」の本郷奏多、「君に届け」の夏菜、「シュアリー・サムデイ」の綾野剛、「学校裏サイト」の水沢奈子、「さよなら夏休み」の千阪健介、「海の金魚」の白石隼也、「ソラニン」の伊藤歩、「瞬 またたき」の田口トモロヲなど。

<あらすじ>
d0030824_3454088.jpg就活中の無気力な大学生・玄野(二宮和也)は、地下鉄のホームで小学生時代の友人・加藤(松山ケンイチ)と再会する。しかし、酔っぱらいを助けた2人はそのまま地下鉄に撥ねられてしまう。
気が付くと、マンションの一室にいた2人…そこには巨大な黒い玉と数人の男達がいた。
彼らは全て死んだはずと認識していたが、何故集められたのかはわからない。
さらに、彼らの前に裸の女性・岸本(夏菜)が現れる。彼女もまた、黒い玉“ガンツ”によって呼ばれたのだ。
ガンツは、彼らに対してあるミッションを命じる。
d0030824_3454872.jpgそれは“星人”と呼ばれるものと戦い、抹殺すること。訳も分からず、戦いの場へと転送された玄野達…最初のミッションはネギ星人を倒すことだったが、一緒にいた高校生・西(本郷奏多)から、賞金が貰えるアメリカのテレビ番組によるものだと言われる。そして数人が賞金を目当てにネギ星人を追いかけるが…。

<作品解説>
人気コミックの実写化は近年の傾向みたいなものですが、この原作については未読です。
コミックの評価についてはエログロが多いと言われており、またかなりハードなアクションが展開しているようですが、何せ未読なので映画がどこまで実写化に成功しているのかは不明です。
現在30巻まで出ている作品を、二部作でどこまで映像化するのかがまったくわからないのですが、とりあえずの感想としていうなら、本作はまだ本当に序章というイメージですね。
さて、主人公の玄野と加藤、そして岸本をはじめとする「一度死んだ」彼らは黒い玉“ガンツ”によって、否応なしに星人との戦いに駆り出されます。
星人は様々な付けられていますが、本作に登場するのはネギ星人、田中星人、おこりんぼう星人の3人?です。それぞれの特長が紹介され、戦いが始まるわけです。しかし、それらの星人が何なのか、どこからやってきたのか、そして何のために戦うのかという理由は説明されません。
これらが第2部で説明されるのかはわかりませんが、ストーリー上においてさして重要ではないかと…これはこういうストーリーなのだとい割り切るのがいいですね。
肝心の流れについては、若干冗長気味ですが、玄野が鏡に向かって自ら語りかけるシーンなんかは「タクシードライバー」を彷彿とさせるし、色々なところに小ネタが入っています。
アクションシーンは力が入っていますが、予告編で紹介されているシーンが若干長めという感じで少なめ。
ただし、アクションそのものについては、アクション監督が下村勇二ということでうまくまとまっています。
CGはかなり力が入っており、違和感が無く見られました
それだけにもう少し、アクションシーンを多めにして欲しかったところです。

<見どころ>
当然アクションシーンとなるわけですが、先述したようにアクション自体は意外と少なめ。
田中星人の奇抜なキャラクター性やおこりんぼう星人の巨大化などがおもしろいですね。
あと、夏菜演じる岸本の胸が…うーん、すごい強調ぶりで、そりゃ思わず見ちゃいます。

<出演者>
二宮和也、松山ケンイチともに演技力は抜群。
映画出演2作目となる夏菜は、フルヌードで登場し、さらにガンツスーツがやたらとボディラインを強調するので確かにエロい(笑)。
軸となるのはこの3人で進むので、他の登場人物達の影がうすいですね。
ガンツ風に言えば「いたね」みたいな…本郷奏多演じる西のキャラクターが立っていて、序盤のいいスパイスになっています。

<総評>
可も無し不可も無し、というのが正直なところ。
期待値を上回るほどではなかったのが残念ですが、第2部の予告編を見る限り、テンションはあがっていきそうなイメージです。
もっと思い切った形で作り込んで欲しいという期待を込めて、とりあえずは劇場で見ても良いんじゃないでしょうか。

<関連作品>
GANTZ (第1部)
GANTZ:PERFECT ANSWER (第2部)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-02-05 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< あしたのジョー RED/レッド >>