トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ロビン・フッド
d0030824_2332763.jpg『ROBIN HOOD』 アメリカ・イギリス/2010
監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット マーク・ストロング
ウィリアム・ハート マーク・アディ オスカー・アイザック
ダニー・ヒューストン アイリーン・アトキンス ケヴィン・デュランド
スコット・グライムズ アラン・ドイル マックス・フォン・シドー


公開時コピー
彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。

中世イングランドの伝説的英雄にして義賊のロビン・フッドの生い立ちを映像化した、歴史スペクタクル。
監督は「ワールド・オブ・ライズ」のリドリー・スコット。
出演は「消されたヘッドライン」のラッセル・クロウ、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のケイト・ブランシェット、「シャーロック・ホームズ」のマーク・ストロング、「バンテージ・ポイント」のウィリアム・ハート、「霊喰」のマーク・アディ、「ワールド・オブ・ライズ」のオスカー・アイザック、「ナンバー23」のダニー・ヒューストンなど。

<あらすじ>
d0030824_233374.jpg12世紀末、獅子心王リチャード1世(ダニー・ヒューストン)率いる十字軍遠征に参加していた弓矢の名手ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は偶然、リチャード1世の戦死を目の当たりにして、数名の仲間と共に戦場を抜け出して、イングランドへの帰還を試みる。
その頃、リチャード1世の弟ジョン(オスカー・アイザック)の親友ゴドフリー(マーク・ストロング)は、フランス側に寝返り、リチャード1世の暗殺を請け負う。
しかし、ゴドフリーが襲撃した相手は、本国に王冠を持ち帰ろうとしていた騎士団だった。
偶然、その場に居合わせたロビン達は、騎士の1人で瀕死のロバート・ロクスリーから王冠を届けることと、ノッティンガム領にいる父親ウォルター卿(マックス・フォン・シドー)に、黙って持ち出した剣を渡して欲しいと頼まれる。
断り切れなかったロビンは、彼に成りすまし、騎士としてリチャード1世の母親アリエノール(アイリーン・アトキンス)にに王冠を渡す。その瞬間から、ジョンは王として即位するのだった。
ロビンは自らの正体がばれる前に、ロンドンを去り、ロバートとの約束を果たすべくノッティンガム領を訪れる。
d0030824_2334896.jpgそこには、ウォルター卿とロバートの妻マリアン(ケイト・ブランシェット)がいた。
剣を届けたロビンを気に入ったウォルター卿は、彼に意外な提案を持ちかけるのだった。
一方、ゴドフリーは暗殺現場を見たロビンの抹殺、さらにはフランスのイングランド侵攻を兼ねた混乱を起こそうと企んでいた。

<作品解説>
ロビン・フッドといえば、日本でも名前だけは結構知られているメジャーな人物です。その生き様はイングランドの伝説的な人物アーサー王と同じように、後世の後付的な物語が大半を占めています。
おそらくは1200年前後辺りの人物だとは言われながらも、モデルとなった人物が複数存在していた様で、人物像は定かではありません。もっとも、ミステリアスであるからこそ、様々な物語が作られ、現在に置いても楽しめるわけです。
そんなロビン・フッドですが、過去にも何度も映像化され、一番メジャーなのはやはりショーン・コネリーとケヴィン・コスナーが演じたものでしょうか。
されど、それらのロビン・フッドは、いわゆる義賊として成立したロビン・フッドの物語ですが、本作はロビン・フッドが如何にして義賊になったか?という前日譚になっています。
さて、物語は十字軍遠征に出ていたイングランド軍が、本国への帰途で城を攻め落としているところから始まります。ロビンは弓矢の名手ながらもただの一兵卒に過ぎず、傭兵のような立場といえるでしょう。
そんな城攻めの最中にリチャード1世は戦死、他の兵達の帰国で混乱する前に戦場を抜け出したロビンとその仲間を待っていたのは、偶然の出会いの数々と戦いです。
フランス王の姪を愛人にしているリチャード1世の弟ジョンは、プライドだけは高く、フランスのスパイであったゴドフリーの話を鵜呑みにして増税するために混乱を招く大バカですが、本作での描かれ方は後にロビンがロビン・フッドになるための布石としてシンプルにイヤな人物となっていました。
この辺りはロビン・フッドの物語の中では定番で、リチャード1世の勇猛果敢なあだ名「獅子心王」とは対照的に、領地失いの「失地王」、ついでに言えばイングランド史上最低最悪の王と呼ばれた愚かさがにじみ出ています(それにしてもこの手の王は、なぜに髪の毛がくるくる?)。
映像全体は、リドリー・スコット監督らしく、カメラワークもゴチャゴチャせずに見やすい構成。さらに、壮大な風景や大部隊の移動など迫力も十分です。
ストーリー展開も140分の長さながら、テンポ良くまとめられており、手堅い印象。
「グラディエーター」ほどの感動作ではないですが、ツボを押さえた歴史大作と言えるでしょう。

<見どころ>
この手の作品となると、どうしても戦闘シーンが見どころになってしまいます。
城攻め、船団の数、騎兵による凄まじい戦い。
されど、ロビンとマリアンの淡いロマンスもなかなか雰囲気が良いかな。

<出演者>
すっかり、リドリー・スコットのお気に入りとなったラッセル・クロウですが、こういう役は似合いますね。
スマートじゃないし、顔も見るからに荒くれ者。
でも、やっぱりはまるんだな、これが。
ヒロインを演じたのは演技派のケイト・ブランシェット。取り立てて美人というわけじゃないんですが、この人の演技は落ち着いていていいですね。
マーク・ストロングの悪辣ぶりはぴったり。
個人的にはリトル・ジョンを演じたケヴィン・デュランドが妙に気に入りました。

<総評>
実に手堅い作品です。シンプルなストーリー、迫力ある戦いと大作としての要素はたっぷり。
もちろん、大作ですがちょっとまとめすぎた感じも受けます。
ロビン・フッド自体が歴史的人物というよりは、伝説として子供にも楽しめる物語という側面が強すぎるため、ピンチになるシーンが欠如しているんですね。
言うなれば、安心してみることが当たり前になっていて、若干起伏が足りなかったかも。
とはいえ、それを補って余りある迫力なので、大画面なら十分に楽しめる作品です。

<関連作品>
ロビン・フッド (1922)
ロビンフッドの冒険
ロビン・フッド (1952)
ロビン・フッド (アニメ・1973)
ロビンとマリアン
ロビン・フッド (1991)
ロビン・フッド (1991)
ロビン・フッド (2010)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-12-11 23:52 | 戦争/歴史/時代劇
<< ノルウェイの森 SPACE BATTLESHI... >>