トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
d0030824_14565.jpg『HARRY POTTER AND
THE DEATHLY HALLOWS: PART I』 イギリス・アメリカ/2010
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター ロビー・コルトレーン トム・フェルトン
レイフ・ファインズ ブレンダン・グリーソン アラン・リックマン
マギー・スミス デヴィッド・シューリス ボニー・ライト

公開時コピー
ついに、完結へ。

J.K.ローリング原作の人気シリーズ7作目にして、完結編第1部。
監督は5作目から引き続き、デヴィッド・イェーツ。
出演はシリーズ通してダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、レイフ・ファインズなど。

<あらすじ> 前作のネタバレを含みます!
d0030824_14146.jpgスネイプ(アラン・リックマン)の裏切りにより、ダンブルドア校長を失ったホグワーツはヴォルデモート(レイフ・ファインズ)達の支配下に置かれてしまう。
マッドアイ(ブレンダン・グリーソン)が中心となった“不死鳥の騎士団”は、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)を守るため、それぞれがハリーに変身してウィーズリー家を目指して飛び立つ。そんな彼らを追うのは、死喰い人の一団だった。
激しい追跡劇を繰り広げながら、なんとかウィーズリー家にたどり着いたハリー達だったが、仲間が1人、命を落としてしまう。
さらに襲撃を受けたハリーは、ロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)と共に辛くも逃げだし、d0030824_142249.jpgダンブルドアから託された使命を果たすべく、ヴォルデモートの不死の秘密である分霊箱を探しだし、破壊する旅に出ることに。
しかし、ヴォルデモートの影響力は遂に魔法省を支配するまでに及び、ハリーは指名手配されてしまう。
激しい戦いの中で、ハリーとロンは些細なことからケンカをしてしまい、その亀裂は取り返しの付かない大きさになる。


<作品解説>
原作は既に「不死鳥の騎士団」で止まってしまいまして、結末も知らないままに完結編を見るというのはドキドキします。物語は3作目くらいまでの陽気な感じが少なくなり、今や完全にダークファンタジーの世界へと埋没。さらにミステリー要素も加わって、映像全体もますますイギリス映画っぽいグレーがかった印象が強くなりました。
さて、前作で起きた最大の悲劇と裏切りにより、ホグワーツはもはや安全ではなくなり、ほぼ完全復活を遂げたヴォルデモート一味との最後の戦いが始まります。
強力な闇の魔術と人海戦術により、ダンブルドア一派やマグル(普通の人間)狩りを始めたヴォルデモート。
そんな中、ハリー達はヴォルデモートを倒せる唯一の方法である分霊箱を探し出して破壊することを目論みます。しかし、度重なる逃亡と戦いは精神を疲弊させ、親友であったロンとのケンカは激しく、そしてあっけないほどに別れが訪れてしまう。
シリーズに登場した主要人物達の最期もあったりして、そんな意味では非常に密度の濃いストーリーが展開していきます。
今までシリーズ通して思っていたのは、ハーマイオニーは別として、ハリーやロンて魔法の腕はあがってるのかという疑問。なんとなく、いつもギリギリの戦いと偶然の勝利みたいな部分が多くあったんですが、今回は攻撃魔法による戦いがなかなか激しい。
基本的に3人の物語になるので、後は最大の盛り上がりであろう2作目に託しましょう。

<見どころ>
ハリーに変身するシーン、色々と笑えます。
序盤のチェイスシーンは凄まじい。
マグルの世界を一番大きく描いていますね。
分霊箱を探して旅するハリー達。
雄大過ぎる景色が彼らの孤立無援なイメージを喚起させます。

<出演者>
1作目から足かけ10年、毎年これだけの注目作に主演し続けているダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン…これから先、本作が絶対的にリメイクされないと思わせるほどにイメージが付いてしまいました。既にPART2の撮影も終わって、エマ・ワトソンなんかは髪型をベリーショートにしたりと、本作からのしがらみを脱しようとしています。言うことはないですね。
注目なのはドラコ・マルフォイを演じたトム・フェルトンでしょうか。
かなり成長していますが、彼の風貌は個性的で良い感じです。

<総評>
中盤は淡々とした感じが続き、そしてPART1らしくこれから!ってところで終わってしまう。
当然ですが、夏とは言わずに春くらいに公開してほしい。
まあ、本作のソフトリリースが夏前になるからだろうけど…。
大きな盛り上がりはないものの、見ておいて損はない大作の集大成です。

<関連作品>
ハリー・ポッターと賢者の石 (1作目)
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2作目)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3作目)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (4作目)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (5作目)
ハリー・ポッターと謎のプリンス (6作目)
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (完結編・第1部)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-11-21 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< マチェーテ SP 野望篇 >>