トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ソウ ザ・ファイナル 3D
d0030824_1314363.jpg『SAW 3D -THE FINAL CHAPTER-』 アメリカ/2010
監督:ケヴィン・グルタート
出演:トビン・ベル ケイリー・エルウィズ コスタス・マンディロア
ベッツィ・ラッセル ショーン・パトリック・フラナリー
ジーナ・ホールデン チャド・ドネッラ ローレンス・アンソニー
ディーン・アームストロング ナオミ・スニッカス


公開時コピー
ゲームの終焉
“ゲームオーバー”
最後に言うのは、誰なのか?


毎年ハロウィンに公開され、7作目にして遂に完結するソリッド・シチュエーション・ホラー。
最近の流行に乗り、3D映像作品となっている。
監督は前作と同じくケヴィン・グルタート。
出演は引き続き、トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ベッツィ・ラッセル、1作目からの再登場となったケイリー・エルウィズ、「処刑人II」のショーン・パトリック・フラナリー、「バタフライ・エフェクト2」のジーナ・ホールデンなど。

<あらすじ> (前作のネタバレが含まれています!)
d0030824_1315193.jpgジグソウの妻ジル(ベッツィ・ラッセル)のトラップを辛くも回避したホフマン刑事(コスタス・マンディロア)は、ジグソウの真の後継者となるべく、ジルを追う。
一方、ジルはホフマンの手から逃れるため、警察の内務調査官ギブソン(チャド・ドネッラ)に、ホフマンがジグソウの共犯者であったことを明かし、その代わりに自らの保護と刑事免責を求める。
その頃、メディアではジグソウの罠からの生還者という触れ込みで有名人となったボビー・デイゲン(ショーン・パトリック・フラナリー)が現れる。
彼の真に迫った脱出劇の経験は、ジグソウからの生還者達からも救済を求められていた。
d0030824_131584.jpgそんなある日、ボビーの前に現れたのは、ジグソウのゲームで自らの足を切り落として脱出したゴードン(ケイリー・エルウィズ)だった。
不穏な動きを続けるホフマン、彼を追うギブソン、保護されたジル、そしてボビーを巻き込んで再びゲームが始まろうとしていた。


<作品解説>
前作で第2章3部作完結…みたいなことを言っていたのに、さすがに飽きられてきたのか、唐突にファイナルとなってしまった本作。まあ、シナリオは破綻気味だし、ネタも尽きているので潮時といったところでしょうか。
とはいえ、1作目からここまで話を引っ張りまくったのは凄いといえば凄い。
3作目あたりからは、どんな拷問道具が飛び出すんだろう、みたいなスプラッタ&スラッシュパーティーな作品になったのは、シナリオ放棄みたいなもんですな。
さて、命を大事にしないと殺しちゃうよと自分勝手な思想で死んだあとも迷惑をかけまくるジグソウおじさんの後継者を巡って、ホフマン刑事とジグソウの妻が対立…しかし、ジルの詰めの甘さでホフマンは生き残り、すっかりと目的と手段を取り違えて、殺人鬼となってしまいます。
もともと、ジグソウは自分の余命が短かったこと、初めての子どもを失ってしまったことから、犯罪者や不貞の輩どもに歪んだ思想でゲームを仕掛けていたわけです。
ジグソウの思想が生きていた3作目くらいまでは、破綻が少なかったものの、オチもなにもかもわかっちゃって、1作目のような緊張感が完全に消えうせてしまいました。
それにしても3Dでグロ描写見せ付けられてもなぁ…さすがにちょっと気持ち悪かった。
劇場を出る際に、放心していた人が何人かいました(苦笑)。

<見どころ>
まあ、3Dでグロいです…ってな感じですかね。
言うほどの見どころが無かったかも。

<出演者>
トビン・ベルはすっかりジグソウが板に付いちゃって…。
ケイリー・エルウィズが復活しただけで、オチが見えちゃった。
意外な出演者はショーン・パトリック・フラナリー!
やっぱり「処刑人」シリーズがカッコいいっすよ。
ジーナ・ホールデンなんて久々に見ました。この人きれいなのになぁ。

<総評>
アメリカのホラー作品って長引く傾向にありますね。
「13日の金曜日」「エルム街の悪夢」「エクソシスト」などなど。
しかし、本シリーズのジグソウは他の作品の様に不死身じゃなく、その歪んだ思想のみが引き継がれるってところに不気味さがありました。
1作目から延々と見てきましたが、もっとストーリーをひねって、丁寧に作って欲しかったのが正直な感想。
なんといっても1作目が衝撃的でしたから。
これでジグソウおじさんともお別れですが、延々と続いたストーリーはハリポタ並みで、毎年恒例のお祭りみたいなものだっただけに、ちょっと寂しいかも。
でも、「ソウ・ザ・リターン」とかやりそうだよな(笑)。

<関連作品>
ソウ SAW
ソウ2
ソウ3
ソウ4
ソウ5
ソウ6
ソウ ザ・ファイナル 3D

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-11-05 23:59 | ホラー/オカルト
<< SP 野望篇 さらば愛しの大統領 >>