トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-
d0030824_155517.jpg『MOBILE SUIT GUNDAM 00
  -A WAKENING OF THE TRAILBLAZER-』 日本/2010
監督:水島精二
声:宮野真守 三木眞一郎 吉野裕行 神谷浩史 勝地涼
入野自由 中村悠一 高山みなみ 本名陽子 高垣彩陽
小笠原亜里沙 恒松あゆみ 斎藤千和 根谷美智子


公開時コピー
最終決戦(来るべき対話)の始まり。それは、人類の目覚め─

「機動戦士ガンダム」シリーズのTV版最新作として、高い人気を博した「00」シリーズの完結編。
TVシリーズの2年後を描き、劇場版「ガンダム」としては約19年ぶりの新作映画となる。
監督はTVシリーズも務めた「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」の水島精二。
声は「劇場版“文学少女”」の宮野真守、「いばらの王 King of Thorn」の三木眞一郎、「劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来」の吉野裕行、「劇場版 ブレイク ブレイド 第一章/覚醒ノ刻」の神谷浩史、「シュアリー・サムデイ」の勝地涼など。

<あらすじ>
d0030824_156459.jpg西暦2314年。
私設武装組織ソレスタルビーイングの介入によって、地球規模の紛争が無くなり、新政府が樹立されてから2年が経過していた。
ソレスタルビーイングのガンダムマイスター、刹那は地球連邦を裏から操っていたイノベイターのリーダー、リボンズの残した「来るべき対話」に向けて、ガンダム00の新型を待っていた。
その頃、地球に向けて一隻の宇宙船が向かっていた。
船名は「エウロパ」…約130年前に木星探査に向かって消息を絶った船だったが、その航路はまっすぐに地球に向かっており、質量の大きさから地球連邦軍に破壊命令が下される。
軍を指揮するマネキン准将は、直ちに軍を差し向けるが、いくら撃ち込んでもエウロパは破壊されない。
仕方なしにイノベイターのデカルト大尉を送り込み、ようやく撃沈することに成功するが、破片のいくつかが燃d0030824_1561118.jpgえ尽きずに地球に落下してしまう。
その直後、地球ではイノベイターの素質を持つ人々に向かって、電車や車などの暴走が多発、さらに襲われた人間の体が一部金属化する事件が起きる。
地球連邦はその金属をエルスと呼び、対策を講じ始める。刹那達は、エルスこそが「来るべき対話」の相手だと考え、再び集結するが…。

<作品解説>
既に「ガンダム」といえばブランド化しているほどの作品ですが、映画作品はそれほど多くはなく、そのほとんどが総集編でした。オリジナルといえば「逆襲のシャア」「ガンダムF91」くらいで、本作は「ガンダムF91」振りの新作となります。
TVシリーズは、作画とシナリオの精度を高めるために、1stシーズン、2ndシーズンで分けられて制作され、非常に密度の濃い作品となっていました。
メインメカとなるモビルスーツのデザイナーがそれぞれ違っていたり、現実に考えられている軌道エレベーターが登場したりと、語るところが尽きないのですが、やはり魅力的なのは人間ドラマとしてキッチリ押さえられていたこと、ガンダムの世界としては1つのシリーズで時間の流れが大きいことでしょうか。
さて、本作は2ndシーズンの2年後、ようやく地球全体が平和を維持する形になった世界から始まります。
面白いのが、反政府組織であったソレスタルビーイングが世間一般に、平和の為に戦った組織であったと認識されていること。
いわばヒーローの扱いになっているんですが、TVシリーズの語り手であった沙慈の目には、それが平和ではなく、仮初めのものであり、未だに不安定な状況であることを認識しています。
導入部分はなかなか面白く、また新たなイノベイターであるデカルトの登場、さらに刹那が望んでいる新ガンダムのダブルオークアンタが戦争を止める為の機体という設定で期待値大。
されど、「来るべき対話」の相手が本当に驚きの連続で、あらゆる意味で既存のガンダムを「ぶち壊して」います。
戦闘シーンを含めた映像の美しさは見事、またひとつの作品としてまとまっているので、あえてTVシリーズを見なくても理解できるかと思いますが、これはガンダムというシリーズとして正解なのか?
TVシリーズで構築された人間ドラマがゴッソリと抜け落ちている印象は拭えません。
見た人だけがわかる結末は、かなり賛否両論となるでしょう。

<見どころ>
戦闘シーンは素晴らしく、また新ガンダムの活躍も格好いい。
TVシリーズでライバルとなったグラハム・エーカーが駆るMSブレイヴがやたらと印象的です。
また、ある意味伝説となったキャラクター、コーラサワーが必見。

<その他>
モビルスーツのデザインはさすがに見慣れてきました。
一方で、デカルト・シャーマンなどのキャラクターが弱かった…声をあてたのは俳優の勝地涼ですが、意外なうまさ。
キャラクターが身体的に成長してますが、新キャラクターの存在感が中途半端でした。

<総評>
果たしてガンダムでこれをやる必然性があるのか?そんな疑問が終始つきまとっていました。
「未来のために」「明日のために」と叫ぶキャラクター達…うーん、なんだろうなぁ、これはガンダムじゃないような…。
個人的な感想を言えば、TVシリーズの終盤で話を広げすぎたのが原因とも思えます。特に1stシーズンが面白かっただけに、TVシリーズからの繋がりがキャラクターや背景のみというのは辛い。
エンドロールの最後に重要なオマケがありますので、要注意です。
個人的にはちょっとあり得ない、ただし1つの「作品」としてはそれなり、といったところですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-09-18 23:59 | アニメ/CG
<< ミレニアム2 火と戯れる女 キャデラック・カウボーイ >>