トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら
d0030824_22515885.jpg『COP OUT』 アメリカ/2010
監督:ケヴィン・スミス
出演:ブルース・ウィリス トレイシー・モーガン アダム・ブロディ
ケヴィン・ポラック ギレルモ・ディアス ショーン・ウィリアム・スコット
アナ・デ・ラ・レゲラ ショーン・カレン ジェイソン・リー
ミシェル・トラクテンバーグ フランシー・スウィフト


「世界で一番パパが好き!」のケヴィン・スミス監督によるアクションコメディ。
出演は「サロゲート」のブルース・ウィリス、TVドラマ「30 ROCK」シリーズのトレイシー・モーガン、「ジェニファーズ・ボディ」のアダム・ブロディ、「ホステージ」のケヴィン・ポラック、「200本のたばこ」のギレルモ・ディアス、「バレット モンク」のショーン・ウィリアム・スコット、「ナチョ・リブレ 覆面の神様」のアナ・デ・ラ・レゲラなど。

<あらすじ>
d0030824_225297.jpgニューヨーク市警の刑事ジム(ブルース・ウィリス)と、ポール(トレイシー・モーガン)はコンビ9年目を迎えるベテラン。しかし、捜査はいつも強引で規格外。
麻薬の売人を捕まえ、その取引相手が最近勢力を拡大してきたメキシコの組織だと知る。
早速取引が行われると知った2人は、売人を囮にするがわずかなミスから犯人に逃げられ、給料無しの1ヶ月停職処分に。
その処分に困ったのがジムだった。
別れた妻と再婚相手の元で暮らす娘の結婚式の費用を自分で払いたいジムは、泣く泣く超レアな野球カードを売ることになる。
一方、ポールは美人の妻が隣の男と浮気をしているんじゃないかと気が気でない。
カードを売りに来たジムだったが、運悪く換金前に店で強盗に遭い、カードを取られてしまう。
d0030824_22521618.jpgなんとかカードを取り戻すため、強盗した男デイヴ(ショーン・ウィリアム・スコット)を捕まえ、カードの行方を聞き出すことに成功する。
だが、その持ち主はメキシコの麻薬組織を率いるポー・ボーイ(ギレルモ・ディアス)だった。
ポー・ボーイは、2人にカードと引き替えにあるものを探すよう、取引を持ちかけるが…。

<作品解説>
日本の公開ではかなりの小規模になっている本作。
近年ではあまり見られなくなってしまった80年代のノリのバディ・ムービーです。
元々、コメディセンスもあるブルース・ウィリスに、スタンダップ・コメディアンとして名を馳せ、TVドラマを中心に活躍する俳優トレイシー・モーガンの組み合わせ。
ここに「アメリカン・パイ」のショーン・ウィリアム・スコットが加わったもんだから、下ネタ万歳のオンパレードになるのは必然か(笑)。
さて序盤、ポールが様々なポリティカルムービーのセリフを羅列しまくって、ジムがツッコミを入れるという、パクリだけど何か?的な展開で惹きつけ、挙げ句携帯の着信音で妙な笑いのツボを提供してくれます。
なぜか脱線しつつ捜査が進むというお約束な展開。
娘の結婚式の費用を出したいジム、対するは妻の再婚相手で金持ち。
目つきで殺すぞ光線を出すジム、演じるブルース・ウィリス…映画でも離婚慣れしてます。
そして、一方は美人妻に惚れまくっているポール。
何かあれば、妻に電話してその行動を把握していないと気が済まない、超ヤキモチ焼き。
対する麻薬組織のボス、ポー・ボーイは野球マニアで冷酷な男。
登場シーンは少ないながらも、冷酷非情という印象のみを強烈に残し、2人の迷コンビ振りを際立たせてくれます。
様々な映画ネタを鏤めつつ、バディ・ムービーとしての面白さをうまくまとめた良作です。

<見どころ>
なんといっても、ブルース・ウィリス、トレイシー・モーガン、S.W.スコットの3人が揃うシーン。
下ネタだらけ、でも笑えるんだよなぁ。
アクションシーンなんて爆発すらないですが、やっぱりブルース・ウィリスのガン捌きはカッコイイです。

<出演者>
「ハドソン・ホーク」みたいなカルト作品がありつつ、「隣のヒットマン」のように良質なコメディも演じられるブルース・ウィリス。なんだか楽しそうに演じています。
トレイシー・モーガンは初めて見たんですが、愛嬌のある顔が変幻自在。
さすがはコメディアンといったところ。
ショーン・ウィリアム・スコットは、こういう役をやらせたらうまいですね。
ノリとしては「エボリューション」に近いけど。
「ナチョ・リブレ」に出演したアナ・デ・ラ・レゲラを久々に見ました。
やっぱり、スペイン系は美女の宝庫!?

<総評>
トレイシーがばらまく映画ネタを親切に解説してくれるウィリス(笑)。
こういうのってコアな映画ファンじゃなくてもわかるからおもしろいですね。
個人的にはかなりツボにはまって、笑いまくってたのでオススメです。
最後のオチまであるので、エンドロールまで忘れずに。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-09-04 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< バイオハザードⅣ アフターライフ ニンジャ・アサシン >>