トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
沈黙の戦艦
d0030824_328542.jpg『UNDER SIEGE』 アメリカ/1992
監督:アンドリュー・デイヴィス
出演:スティーヴン・セガール トミー・リー・ジョーンズ
ゲイリー・ビューシイ エリカ・エレニアック パトリック・オニール
ニック・マンキューゾ アンディ・ロマノ デイル・ダイ
トム・ウッド ダミアン・チャパ コルム・ミーニイ


スティーヴン・セガールを一躍、世界的スターに押し上げた邦題「沈黙」シリーズの第1弾。
後に正式なシリーズとなる「暴走特急」が製作された。
監督は「守護神」のアンドリュー・デイヴィス。
出演は「斬撃 -ZANGEKI-」のスティーヴン・セガール、「ノーカントリー」のトミー・リー・ジョーンズ、「イラク -狼の谷-」のゲイリー・ビューシイ、「逃げる天使」のエリカ・エレニアック、「フォー・ザ・ボーイズ」のパトリック・オニール、「沈黙の脱獄」のニック・マンキューゾなど。

<あらすじ>
d0030824_329264.jpg退役を迎えたアメリカ海軍戦艦ミズーリは、ハワイからアメリカへと最後の航海に出る。
ちょうどアダムズ艦長(パトリック・オニール)の誕生日が重なることになり、コックのライバック兵曹(スティーヴン・セガール)はパーティの料理の準備を始める。
しかし、かねてから艦長のライバック贔屓に苛ついていた副艦長のクリル中佐(ゲイリー・ビューシイ)は、ライバックに難癖を付けて、冷蔵庫へと閉じ込めてしまう。
そして、アダムズ艦長にはサプライズパーティがあると言い、艦へのヘリコプター着陸を独断で許可する。
降り立ったのはミュージシャンのストラニクス(トミー・リー・ジョーンズ)達と、女性ダンサーのジョーダン(エリカ・エレニアック)。
艦の乗組員のほとんどを集めてパーティを始めるが、突如ストラニクス達は銃を抜き、瞬く間に乗組員を制圧し、監禁してしまう。
一方、クリル中佐はアダムズ艦長を撃ち殺し、艦の中心を全て奪取する。d0030824_3291147.jpg彼らの目的は、搭載している核弾頭を積んだトマホークミサイルで、ブラックマーケットへ売ることを企んでいた。
その頃、冷蔵庫から異変に気がついたライバックは、見張りをする新兵を説得するが聞き入れて貰えない。
そして、クリル中佐達がライバックを始末しようと完全武装した仲間を向かわせていた。

<作品解説>
セガールの人気を不動のものにした「沈黙」シリーズ第1弾であり、その後のマンネリ化を引き起こした記念すべき作品です。
テロリストに制圧された空間で、1人戦いを挑む…これは「ダイ・ハード」と同じシチュエーションなのですが、実は「ダイ・ハード3」の当初の予定が海上だったそうです。しかし、本作で舞台を取られてしまった為に、製作には至りませんでした。
使用された戦艦は、記念艦として係留保存されている戦艦アラバマの外観をミズーリ風に改装して撮影されています。これがなかなか効果的で、本物の戦艦という舞台が臨場感をアップさせました。
さて、本作で決定的に無敵の男、どんなに一流のテロリストでも雑魚扱いとなってしまう設定が確立されてしまったわけですが、武器の扱い方や爆弾の自作など、色々とこだわりが見られます。
アクションは銃と合気道の半々くらいの割合、そこに巨乳のヒロインが加わるという、ある意味シュールな展開で始まる戦い。
テロリストのリーダー、ストラニクスの悪辣ぶりやセガールのクールさなど、最近の「沈黙」シリーズとは明らかに一線を画したのは、やはり第1弾のなせる技かもしれません。
それにして、どうせヒーローが最後は勝つんだから、という潔い強さっぷりにはスカッとしますね。

<見どころ>
ケーキから飛び出てくるジョーダンの胸とか…。
いやいや、やっぱりアクション映画でも滅多に見られない、ナイフによる戦いはカッコイイ。

<出演者>
セガールの格好良さがピーク…少なくとも「暴走特急」までは。
トミー・リー・ジョーンズの見事なキレッぷりがいいですね。最近の作品ではさすがに見られません。
ゲイリー・ビューシイの悪役ぶりもいいし、エリカ・エレニアックの可愛さも相まって、キャスティングは何気にいいんです。

<総評>
やっぱりね、「沈黙」シリーズでは本作と「暴走特急」が一番まともな作品です。
まともというか、ちゃんと見られるというか。
アメリカ本国ではセガール作品は既に飽きられていますが、日本は「水戸黄門」が延々と新作が作られているような国なので、まず飽きられることはなかったりして。
なにはともあれ、本作はたまに見たくなる1本です。

<関連作品>
沈黙の戦艦 (シリーズ1作目)
暴走特急 (シリーズ2作目)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-07-30 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< 2010年7月現在 公開中作品... リアル鬼ごっこ >>