トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
リアル鬼ごっこ
d0030824_1205780.jpg『リアル鬼ごっこ』 日本/2007
監督:柴田一成
出演:石田卓也 谷村美月 大東俊介 松本莉緒 吹越満
柄本明 三浦涼介 田中鈴之助 菅原卓磨 渡辺奈緒子
山田能龍 金澤ゆかり 品川徹



公開時コピー
捕まると死刑執行──。
ニッポンの国王が仕掛けた究極の鬼ごっこ。
今、決死のサバイバル・ゲームの幕が開く!!

全国の佐藤さん、
貴方たちはあまりにも多いので、少し数を減らします。


山田悠介の同名デビュー小説の映画化。
スマッシュヒットとなり、続編が製作された。
監督は続編も手がけた「もうひとりいる」の柴田一成、長編デビュー作となる。
出演は「鴨川ホルモー」の石田卓也、「ボックス!」の谷村美月、「クローズZERO II」の大東俊介、「神様のパズル」の松本莉緒、「真夏のオリオン」の吹越満、「孤高のメス」の柄本明など。

<あらすじ>
d0030824_121587.jpg日本にもっとも多い苗字、佐藤。そんな佐藤性を持つ人が次々と怪死するという事件が、全国で続発する。
高校生の佐藤翼(石田卓也)は、幼なじみの佐藤洋(大東俊介)率いる不良達に追いかけられていた。洋はヤクザの子分となり、何かと目障りな翼に常日頃から絡んでいたのだ。
しかし、類い希なる運動神経と俊足の持ち主である翼は、常に逃げ続けて捕まることはない。
翼の悩みは心を閉ざしたまま話すこともない妹・愛(谷村美月)のことだけ。
ある日、油断した翼は遂に洋達に取り囲まれてしまう。だが、その瞬間、周りには誰もいなくなってしまう。いつも連んでいる友達を見つけるものの、彼らは翼のことすらもわからず呆然とする。d0030824_121123.jpgそんな時、走ってくる洋の姿を見つけ翼は逃げ出すが、一向に捕まえてくる気配もなく、あまつさえ翼のことすら知らないという。
そして、洋を追っていたのは、不気味なマスクを被った黒ずくめの人物だった。
洋の説明で、そこが自分がいた日本ではなく、王様が支配し、佐藤という人間を捕まえて処刑する「リアル鬼ごっこ」が繰り広げられている世界だった。


<作品解説>
原作は山田悠介のデビュー作で、100万部を越えたベストセラー小説です。これは映画化前に読んだんですが、誤字脱字が多く、文法上の誤りが多かった為、違った意味でも話題になりました。
映画化とはいうものの、パラレルワールドという世界観や翼と洋の関係、妹の役割など原作とは大きく設定が変えられています。
一番の違いはパラレルワールド同士が繋がっていて、人が死ぬとパラレルワールドの世界の人も死んでしまう点にあります。
わかりやすい設定なんですが、実は矛盾点も大きく生じてしまう羽目になり、やり過ぎた感は否めません。
さて、逃げ足だけは自信があるという主人公・翼は、リアル鬼ごっこ終了3日前にパラレルワールドにやってきます。パラレルワールドでは、家族関係は同じでも、個々の人間性や生活が異なっており、洋は不良学生から生真面目な学生に、妹の愛は入院もしていない健全な人物として描かれています。
そこで翼は同じ佐藤姓である妹や父親を守り、逃げ切った暁に何でも願いを聞いてくれる王様の前に立たなければいけない、というわけです。
ストーリーは逃げるだけ、という至ってシンプルな構造ですが、先に書いたパラレルワールドの相互関係が入った事により、元にいた世界が崩壊しかねない状況になるわけです。
この辺りはもっとシンプルにして、繋がっているのは翼をパラレルワールドの世界へ飛ばした張本人だけにすれば、うまい割り切り感が出た気がしますね。
逃げ続けるとはいうものの、アクションシーンは谷垣健治が関わっているために見応えがあります。

<見どころ>
全体的にスピード感があって、走るという単純行為をおもしろく見せてくれます。

<出演者>
主演の石田卓也が希に見るニキビ顔でビックリ。ある意味高校生らしいですけどね。
谷村美月は元々うまいので言うことはありませんが、柄本明との絡みは少しやばい感じが…。
洋を演じた大東俊介はなんかまぁ…ちょっと半端な感じがします。
松本莉緒の妙な色気だとか、柄本明のやる気無さが目立ってある意味おもしろいかも。

<総評>
映画館で見たら多分、微妙な気持ちになりそうです。
原作のシュールな設定をパラレルワールドで吸収したまでは良かったんですが、もう少し捻った展開が欲しかったですね。
ある意味「スターウォーズ」のパロディとも言えるし。
続編はパワーアップしてそうなので、見たいところです。

<関連作品>
リアル鬼ごっこ
リアル鬼ごっこ2

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-07-29 23:57 | アクション/アドベンチャー
<< 沈黙の戦艦 ホワット・ライズ・ビニーズ >>