トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
インセプション
d0030824_2484888.jpg『INCEPTION』 アメリカ/2010
監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 ジョセフ・ゴードン=レヴィット
マリオン・コティヤール エレン・ペイジ  トム・ハーディ
キリアン・マーフィ ディリープ・ラオ トム・ベレンジャー
マイケル・ケイン


公開時コピー
犯罪現場は、
お前の頭の中。


「ダークナイト」で一躍、名監督の仲間入りを果たしたクリストファー・ノーラン監督によるSFクライムサスペンス。
出演は「シャッターアイランド」のレオナルド・ディカプリオ、「沈まぬ太陽」の渡辺謙、「(500)日のサマー」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のマリオン・コティヤール、「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジ、「ロックンローラ」のトム・ハーディ、「ダークナイト」のキリアン・マーフィ、マイケル・ケイン、「スペル」のディリープ・ラオ、「山猫は眠らない」シリーズのトム・ベレンジャーなど。

<あらすじ>
d0030824_2562748.jpg他人の夢に入り込んで、形になる前のアイディアを奪う産業スパイ、コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、その分野において屈指の能力を持っていた。しかし、スパイした先の企業からはつけ狙われ、仕事をしながら各国を逃げ回っていた。
コブはチームのアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)達と組んで、大物実業家サイトー(渡辺謙)の夢へと侵入するが、サイトーに正体を気づかれ、さらにコブの妻であるモル(マリオン・コティヤール)に邪魔をされる。なんとか夢の中から抜けだし、逃亡を図ろうとするコブ達の前にサイトーが現れる。
サイトーは、コブの実力を見込んである依頼をする。
それはアイディアを盗み出すことではなく、アイディアを植え付ける「インセプション」だった。
報酬はコブの犯罪履歴の抹消と家に帰れること…コブは逃亡しているが故に、子ども達と会うことができなかったのだ。
インセプション自体が不可能だと断ろうとするアーサーを制して、コブはこれを最後の仕事として引き受ける。
ターゲットはサイトーのライバル企業フィッシャー社次期社長ロバート(キリアン・マーフィ)…彼の頭の中に入d0030824_2563810.jpgり込んで、会社を解体させるよう仕向けなければならない。
コブはパリに飛び、学生時代の恩師で義父のマイルズ(マイケル・ケイン)に、自分と同じように優秀な人材を教えて欲しいと頼む。マイルズは、アリアドネ(エレン・ペイジ)を紹介し、コブは彼女を「夢」の設計士として引き入れるのだった。

<作品解説>
「バットマン・ビギンズ」以来、次作を期待させる監督となったクリストファー・ノーラン…「ダークナイト」は文句なしの傑作でしたが、本作もまた「傑作」の呼び声にふさわしい作品です。
誰もが必ず見る「夢」をテーマにしながらも、ファンタジー要素を徹底排除し、限りなくリアル思考な「夢」を視覚化した映像のスケールには目を見張ります。
予告編でも流れていた折り曲がる街や夢の崩壊シーンは言うまでもなく、中盤に出てくる無重力シーンなど、映像としての面白さには驚きの連続。
また、3Dではなく2D映像であるところに、監督のこだわりがあるのかもしれません。
さて、夢の中に入り込んでアイディアを盗み出せるという世界で、あえて夢から盗み出す、ではなく意識の中にアイディアを植え付けるという、いきなり逆のパターンで物語が進んでいきます。
夢の中に入り込むという過程は、序盤の1時間くらいで語られ、中盤からは一気に夢の中へと入り込みます。
しかし、夢の中に入るという仕事があるならば、夢の中で守るということもあるわけで、ターゲットは防御について訓練をしており、潜在意識にガードマンが存在します。
本作のアクションシーンは、主にガードマンとの戦いがメインとなっており、相手が訓練していればいるほどに、潜在意識の防御力もアップしてくわけです。
ここまでは普通に見ていれば自ずと理解できるわけですが、夢の中の夢に潜り込む事によって時間軸がずれていったり、夢の階層ごとでスパイチームのそれぞれの動きが異なっていたりするので、ストーリーを追って行くうちに少し混乱しますね。
しかし、コブの過去と夢の中の関わり、さらに夢の設計や想像力による変化など、あちこちに仕掛けが施されていて実におもしろい。
本作の良さは登場人物達の人間関係にあります。コブの邪魔をする妻モルとの関係、サイトーの本心、そしてロバートの意識に植え付けられるアイディアの意味など、ストーリーに対しての無駄がありません。
ラストは些か予想を超えない感じですが、幾重にも重なってリンクしているストーリー構造は見事の一言。
終始飽きさせない展開で楽しめます。
難点は2時間40分という上映時間ですかね。

<見どころ>
映像がとにかくすごい。
それと同時に、終盤のストーリー構造は圧巻です。
複雑に思えて、実は意外と単純なんですが、矢継ぎ早な展開なので見逃さないことが肝心です。

<出演者>
レオナルド・ディカプリオは本当に良い俳優になりました。
本作は気合いが入っていて、好演しています。
渡辺謙も堂々たるもので、「バットマン・ビギンズ」からノーラン作品は2作目の出演となりますが、スクリーン映えして実に良い。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットやマリオン・コティヤール、そしてエレン・ペイジと演技派がそろい踏みしているので、文句の付けようがありません。

<総評>
アクション映画のように、爆発などの派手さはほとんど無いものの、ストーリー全体がオリジナリティに溢れつつ、あちこちに差し込まれる他作品のオマージュなどが面白い。
単純にオリジナルであることを目指すのではなく、遊び心が見え隠れします。
ただ、万人受けする作品ではないので、2時間40分という長さに耐えられる人にはオススメです。
もちろん、映画好きなら必見ですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-07-17 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< グラン・トリノ 沈黙の奪還 >>