トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
マインドハンター
d0030824_2133110.jpg『MINDHUNTERS』 アメリカ/2004
監督:レニー・ハーリン
出演:LL・クール・J ジョニー・リー・ミラー キャスリン・モリス
ヴァル・キルマー クリスチャン・スレイター パトリシア・ヴェラスケス
クリフトン・コリンズ・Jr アイオン・ベイリー ウィル・ケンプ



公開時コピー
読み解く(プロファイル)のが先か―、
ハメられるのが先か―


無人島で孤立したFBI心理分析官訓練生が次々と連続殺人に見舞われる、密室型のサイコサスペンス。
監督は「エクソシスト ビギニング」のレニー・ハーリン。
出演は「ダウト」のLL・クール・J、「イーオン・フラックス」のジョニー・リー・ミラー、「マイノリティ・リポート」のキャスリン・モリス、「バッド・ルーテナント」のヴァル・キルマー、「インビジブル2」のクリスチャン・スレイター、「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」のパトリシア・ヴェラスケス、「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」のクリフトン・コリンズ・Jr、「センターステージ」のアイオン・ベイリー、「ヴァン・ヘルシング」のウィル・ケンプ。

<あらすじ>
d0030824_213378.jpgFBI心理分析官の候補生として最終訓練を受けることになったサラ(キャスリン・モリス)を含む7人。
教官ハリス(ヴァル・キルマー)は、試験のオブザーバーとしてフィラデルフィア市警殺人課のゲイブ(LL・クール・J)を伴い、最終訓練地として軍が使用しているノースカロライナ沖にある無人島に7人を連れてくる。
その島は市街戦を想定した訓練施設のため、街が残り、設備も充実していた。
1年間のうち、週末だけハリスが特別に借りているため、週明けに残るのは7人とゲイブ以外に人はいない。
ハリスはこの街で起きる連続殺人事件の犯人をプロファイルし、正体を暴けと言い残して去っていく。
しかし、サラはビンス(クリフトン・コリンズ・Jr)から、ハリスの評価表をこっそり見たと言われ、自分とサラが心d0030824_2134375.jpg理分析官に向いていないという判定がされていることを聞かされ、気落ちしていた。
翌朝、サラはバスルームでつり下げられた猫の死体を見つけて驚く。
猫の口には、針が止まった時計がくわえられていた。
皆はハリスの悪いジョークだと思うが、街を捜索した彼らを悲劇が襲う。

<作品解説>
孤立無援状態による連続殺人、疑心暗鬼による内輪もめなど、かなり使い古された題材です。
いわゆるクローズド・サークル設定で、元ネタはアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」でしょう。
もっとも、本作に限ったことではありませんが…。
また、監督のレニー・ハーリンといえば「ダイ・ハード2」「クリフ・ハンガー」で一躍名を知らしめて、ヒットメーカーになると思いきや、「ディープ・ブルー」のような傑作B級を撮ったりして、よくわからんですね。
個人的にはこの人のちょっと軽い感じが好きですけど。
さて、本作のストーリーは、主人公達がプロファイラーの訓練生という、いわばセミプロレベルという下敷きがあり、そんな彼らを上回る連続殺人鬼を突き止めるというもの。
彼らの描き方は「羊たちの沈黙」のクラリスとはだいぶ異なっていて、訓練が足りないんじゃないかと思ったりしますが、そこは我慢。
なかなか凝ったトラップが面白く、主人公達の心理戦というよりは観客に推理させるタイプの作品ですね。
犯人については、意外と早くわかっちゃいましたが、それでも十分に楽しめます。
それにしても出演者がねぇ、ニヤリとさせられますよ。

<見どころ>
序盤、最初の被害者が…。
そこからはとんとん拍子にストーリーが進んで飽きません。
ラストの対決は名シーン!

<出演者>
俳優陣にハズレがない。
LL・クール・Jはハーリン作品ではお馴染み。
クリスチャン・スレイターとヴァル・キルマーの意外な役どころ、ヒロインであるサラを演じたキャスリン・モリスなんて、うまいキャスティングだなぁ。

<総評>
「ソウ」シリーズほどえげつない感じもしませんし、作品レベルでいえば「“アイデンティティー”」辺りが似たような感じかも。
ハーリン監督は「ディープ・ブルー」でも驚かされたけど、すっかりB級マスターになってます(笑)。
意外な拾いもの作品ってところですね。
オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-06-16 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< 小さな目撃者 ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 >>