トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
告白
d0030824_2324824.jpg『告白』 日本/2010
監督:中島哲也
出演:松たか子 岡田将生 木村佳乃 山口馬木也 西井幸人
藤原薫 橋本愛 一井直樹 芦田愛菜 高橋努 新井浩文
黒田育世 山田キヌヲ



公開時コピー
告白が、あなたの命につきささる。

湊かなえのデビュー小説にして、2009年に本屋大賞を受賞した同名小説の映画化。
監督は「パコと魔法の絵本」の中島哲也。
出演は「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」の松たか子、「重力ピエロ」の岡田将生、「キラー・ヴァージンロード」の木村佳乃、「半分の月がのぼる空」の芦田愛菜、「雨あがる」の山口馬木也など。
主題歌はレディオヘッド。

<あらすじ>
d0030824_232588.jpgある中学校の終業式。ホームルーム中の1年B組。
担任の森口(松たか子)は、騒がしい教室の中、淡々と話を進め、ある告白をする。
それは、数ヶ月前、シングルマザーである彼女の娘・愛美(芦田愛菜)がプールで溺れ死んだ事件の話だった。警察は事故と断定したが、森口はこのクラスの中の…仮に少年A(西井幸人)と少年B(藤原薫)が愛美を殺したというものだった。
クラス中に衝撃が走る。そして森口は、彼ら2人が行った所業を暴き、少年法で裁けない彼らを自らの手で制裁すると宣言し、学校を去っていく。
2年目の始業式、森口の代わりにやってきたのは自らをウェルテル(岡田将生)と呼ばせる、d0030824_233666.jpg熱血教師だった。
ウェルテルは、少年Bが学校へ来ないのは精神的な事情だと思い込み、クラス委員の美月(橋本愛)と共に家庭訪問を繰り返す。
一方、少年Aはクラスメイト達から壮絶なイジメの標的となっていたが…。


<作品解説>
デビュー作で本屋大賞という、凄惨な復讐劇としてはベストセラーとなった小説です。
原作については、結局読まず仕舞で本作を見に行ったのですが、結末を知らない分、なかなか楽しめました。
いつもは原色ガチガチの中島作品ですが、本作は一転してグレー基調の薄暗い映像、間に差し込まれるミスマッチとも思えるサントラなど、相変わらずセンスを感じます。
原作はひとり1人の告白という1人称形式ですが、本作も同じように、個々のキャラクターがそれぞれの現状や客観的な視点で物語を進めていきます。
さて、そんな本作…結論から言えば、なかなかダーティなラストが気に入りました。
娘を殺された復讐として、13歳から14歳の少年達を大人ならではの悪辣さで追い詰めていく森口。
好き嫌いのハッキリしている中学生たちのえげつなさなど、全体的な雰囲気は「バトル・ロワイヤル」以上でしょう。もともと「バトル・ロワイヤル」自身、出演者の年齢が伴っていなかったのですが、本作はリアル中学生ですから。
本作で語られるのはそれぞれの思惑でありつつ、様々な「矛盾」です。
命を語りながら復讐を企てる森口は、あらゆる意味で命に対してシビア。
一方、犯人であるAとBは自らの世界を囲い込み、そこから出るための努力していると思い込んでいる。その周りにいるクラスメイトは、森口に同情しながらも殺人をした奴はイジメの対象で、それ以上にAとBと仲良くしないまでも、自らイジメに参加しないものすら攻撃対象にする。
つまり、本作の世界観は社会の縮図となっていると言えます。
原作をどの程度まで脚色したかはわかりませんが、ラストまでうまく引っ張る展開で飽きませんでした。
ただ言うなれば、言葉だけで終始してしまう部分が少し残念ですね。

<見どころ>
自ら天才の子供だと思っている少年A。
担任の森口は少年Aを様々な角度からプライドを潰していきます。
このあくどさはいいですね。
非常にうざいウェルテルも良かった。

<出演者>
すでに演技派女優として絶頂期とも言える松たか子。
本作では冷たい目で、無表情に復讐を語る森口を演じきっています。
少年Aとなる西井幸人は長編デビューながら好演。
しかし、少年Bを演じた藤原薫が良かった。この手の役をよくやったなぁ。
ウェルテル役の岡田将生はうざさが十分。
やたらと美少女な橋本愛もバッチリでした。
木村佳乃が母親役をやるようになったのが、ある意味ショックですねぇ。

<総評>
本作の意味するところ「命」と言うものに対しての語り方は独特です。
これをどう受け止めるかによって本作の見方は随分と変わりますね。
不満点があるとすれば、映像感が広がらないところでしょうか。
本作の映像はすばらしいですが、やはり淡々とした「告白」というストーリー進行に対して、思った以上の工夫ができないところにあります。
相変わらず好き嫌いが分かれてしまう中島監督の作風ですが、個人的にはおもしろかったのでオススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-06-05 23:59 | ハードボイルド/犯罪
<< 半落ち セックス・アンド・ザ・シティ2 >>