トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ディテンション
d0030824_0135856.jpg『DETENTION』 アメリカ/2003
監督:シドニー・J・フューリー
出演:ドルフ・ラングレン アレックス・カルジス カタ・ドボー
コリー・セヴィエール ドフ・ティフェンバッハ K.C.コリンズ
ラリー・デイ ジェニファー・バクスター ダニエル・ハンプトン



「スーパーマン4/最強の敵」のシドニー・J・フューリー監督による密室アクション。
出演は「ブラックジャック」のドルフ・ラングレン、TVドラマで活躍するアレックス・カルジス、「反恋愛主義」のカタ・ドボー、「スピーシーズX 美しき寄生獣」のコリー・セヴィエールなど。

<あらすじ>
d0030824_014581.jpgボスニアで人質を助けられなかったサム(ドルフ・ラングレン)は、アメリカに戻り高校の教師として働いているが、仕事に疲れて辞職を願い出る。
しかし、最後の仕事として、問題児達の居残りに付きあうことになってしまう。
その頃、警察の押収した大量のヘロイン強奪計画を企てるチェスター(アレックス・カルジス)は、相棒でもあり恋人でもあるグロリア(カタ・ドボー)と、2人のハンガリー人の仲間と共に週末の誰もいない高校を拠点にすることを計画していた。
大量の銃器を所持し、放課後の高校にやってきた彼らは、外回りの警備員を殺害して工事現場の地下道から高校内部へと侵入する。
一方、サムは居残り組で妊娠して気分が悪くなったアリシア(ダニエル・ハンプトン)に付き添って、トイレの前で待っていた。
d0030824_0141470.jpgなかなか出てこない彼女に痺れを切らし、公衆電話をかけようとするが繋がらない。
不審に思ったものの、アリシアが出てきた為、教室に戻ると生徒の2人が天井裏から逃げ出していた。
サムは律儀に残っていたフーギー(K.C.コリンズ)にアリシアを送るように頼むと、2人を探しに行く。
その直後、学校内に銃声が響き渡るが…。

<作品解説>
ドルフ・ラングレンといえば「ロッキー4/炎の友情」のドラコ役として一躍有名になった、空手の元ヨーロッパチャンピオンです。
この人をスクリーンで初めて見たのは「ユニバーサル・ソルジャー」でしたが、微妙なメジャー加減が好きです(笑)。そんなアクション俳優が学校で暴れ回る…というだけで、どんな凄いアクションが待っているかと思えば、思い切りB級以下という結末が待っていました。
さて、放課後の学校、残された居残り学生と元軍人の教師。そこへ、いかにもバカっぽい犯罪者達がやってきて学校を占拠しようと警備員を沈黙させたまではよかったものの、思わぬ邪魔が入って…といういかにもなストーリー。
最初のうちはまあ良かったんですが、見ているうちにドルフ演じるサムは一体どこで活躍するのか疑問に思うほどになってきました。
まず、乗り込んできた連中の射程距離は2メートルくらい(笑)。丸腰相手にマシンガンを撃ちまくって、銃弾は1発かするくらいという、ド素人以下とも思えるひどさ。
一方、元軍人であるサムは何かを工夫するまでもなく、せっかく敵を倒しても銃を奪わずに退散。
あちこちでストーリー上の消化不良を引き起こしてます。
ベタでいいから、もっと強い敵出せばいいのに…。

<見どころ>
ドルフ演じるサムの教師姿。
そして、バイクに乗る彼は妙にこじんまりとしていて、バイクが自転車に思えました。
なんといっても、車いすの生徒とバイクの世にも奇妙なチェイスシーンだけが印象強し。

<出演者>
ドルフ・ラングレンから生身のアクションを取ったら何が残るのか激しく疑問。
個人的には好きなんですよ…でもねぇ、本作のドルフは悲しすぎた。
敵役を演じたのはアレックス・カルジス。全然知らないんですが、もっと切れた演技してくれると面白かった。
その恋人役はカタ・ドボー。
ピンクの髪がお似合いです。
個人的にはジェニファー・バクスターだけが救い。

<総評>
良くも悪くもシドニー・J・フューリーですよ。
「スーパーマ4」以外にメジャーと言えば「アイアン・イーグル」「メタル・ブルー」くらいなもんですが、この微妙感は変わらずだなぁ。
ドルフ・ラングレン好きでも悩む作品。
車いすとバイクのチェイスシーンだけでもオススメしたいところです…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-06-01 23:14 | アクション/アドベンチャー
<< 死の標的 72時間 >>