トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
72時間
d0030824_0124825.jpg『EMMETT'S MARK』 アメリカ/2002
監督:キース・シュナイダー
出演:ティム・ロス スコット・ウルフ ガブリエル・バーン
カンディ・アレクサンダー サラ・クラーク ウェイン・デュヴァル
ベンジャミン・ジョン・パリロ



俳優として活動しているキース・シュナイダーによるサスペンス。
初監督作品となるが、以降の監督作は無い。
出演は「インクレディブル・ハルク」のティム・ロス、「白い嵐」のスコット・ウルッフ、「アサルト13 要塞警察」のガブリエル・バーン、TVドラマ「CSI:マイアミ」のカンディ・アレクサンダー、TVドラマ「24」のサラ・クラークなど。

<あらすじ>
d0030824_0125618.jpgフィラデルフィア警察殺人課のエメット(スコット・ウルフ)は、医師から白血病で余命幾ばくもないと告げられる。両親は既に他界し、恋人とも別れたばかりのエメットには仕事しか残っておらず、それすらも全うできないと絶望していた。
彼が追っている事件は誘拐による婦女暴行殺人事件で、犯人の目星は未だについていなかった。
ある夜、カフェでジャック(ガブリエル・バーン)という男から話しかけられる。
ジャックは元FBIだと言い、エメットの話を真摯に聞き、ある提案をする。
それは、病気で死ぬことよりもある日突然、誰かに殺して貰えば苦しまない、というものだった。
エメットは悩んだ末に親の遺産を使って、ジャックに殺し屋(ティム・ロス)を手配してもらうことにする。
d0030824_013239.jpg事件解決の糸口を掴みたいエメットは、3日の猶予を持たせ必死で事件を追うが、第2の誘拐事件が起きてしまい、さらに彼の病気は誤診だった。
ジャックへの連絡先を捨ててしまったエメットは、事件を追いながら依頼をキャンセルするために奔走するが…。


<作品解説>
ビデオスルーとなった未公開の作品です。72時間というタイトル、安易な邦題ですね…まあ、わからないでもないけど。
監督のキース・シュナイダーは本作を手がけて以来、次作がありません。
デビュー作にしては小粒過ぎたのかもしれませんね。
さて、物語は白血病と誤診された刑事が自らの殺人を依頼したことから始まります。
病院に入って苦しむよりも、あっさり死にたいという思いから、偶然知り合った胡散臭い男に大金を払って殺し屋を雇うわけです。
この殺し屋というのが、見事なまでの社会不適合者ながら、元警官という経歴の持ち主。
部屋は汚いけど、なぜかバーで女性に声を掛けられるという、なんだかよくわからない人物です。
要するに、この殺し屋には全く持って一貫性がない生活を送っているわけで、それが不気味。
一方、主人公であるエメットは自分の仕事に熱心ながら、なぜか微妙に突っ走る感じの若手刑事。
うーん、こういう作品だとやっぱり悪役に存在感がありますね。
ただ、全体的に重苦しい映像が過ぎたのか、先読み出来ちゃう展開です。
されど、俳優陣がなかなか好演していて、わかっていても緊張感があるのはなかなかのもの。
ラストを回収しきれなかったのは、残念過ぎます。

<見どころ>
ティム・ロス演じる殺し屋が淡々と準備を進めていくのですが、短いながらもちょっと怖い。
これって「ジャッカルの日」のジャッカルを連想させます。
クライマックスの緊迫感は見事でした。

<出演者>
名優ティム・ロスの演技は見事です。
私生活では冴えない男、しかし殺し屋として雇われながら、苦悩するどころか冷めた目でエメットを追うシーンがいい。
主人公エメットを演じたのはスコット・ウルフ。どこかマイケル・J・フォックスを彷彿とさせる男前です。
ガブリエル・バーンの胡散臭い感じが好きです(笑)。

<総評>
サスペンスとしてはB級です。
結末は予想ついてしまうし、ストーリーの流れも中途半端感は否めません。
されど、出演者達がそれぞれ好演しちゃっているだけに、駄作とも言えない…。
脚本があと少し練られていれば、意外な傑作になったでしょう。
ティム・ロスが好きならオススメ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-05-31 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< ディテンション プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 >>