トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
母なる証明
d0030824_1595055.jpg『MOTHER』 韓国/2009
監督:ポン・ジュノ
出演:キム・ヘジャ ウォンビン チン・グ ユン・ジェムン
チョン・ミソン ムン・ヘラ




公開時コピー
殺人事件の容疑者となった息子を救うため、
真犯人を追う母親の姿を極限まで描く、
ヒューマン・ミステリー
永遠に失われることのない母と子の絆。
すべての“謎”の先に“人間の真実”が明かされる。


「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」の鬼才、ポン・ジュノ監督によるミステリー作品。
出演は「晩秋」のキム・ヘジャ、「ブラザーフッド」のウォンビン、「甘い人生」のチン・グ、「ユア・マイ・サンシャイン」のユン・ジェムン、「八月のクリスマス」のチョン・ミソンなど。

<あらすじ>
d0030824_20016.jpgとある寒村の漢方薬店で働く母親(キム・ヘジャ)は、道路で友人のジンテ(チン・グ)と時間を潰す息子トジュン(ウォンビン)を見ていた。トジュンは知的障害を持ち、いつも物忘れが激しい。
その時、突然ベンツがトジュンをはねて走り去っていく。驚いて慌てる母親をよそに、トジュンはジンテと共にベンツを追ってゴルフ場へと向かっていった。
そして、ベンツの持ち主を捜し出して大ゲンカをした後、持ち主達と共に警察へと連行されてしまう。
駐車場にあったベンツを壊したのはジンテだったが、トジュンは拾ったゴルフボールに名前を書いて遊び、何も思い出せず弁償金を払うことになる。そんなトジュンに、母親はジンテと会わないように言うが、彼は耳を貸さなかった。
その夜、トジュンはジンテと会いに行くと言って出て行き、飲み屋で酔いつぶれてしまう。
夜道で見かけた女子高生に声を掛けるが石を投げつけられたトジュンは慌てて家へと帰るのだった。
次の朝、女子高生が空き家の屋上から半身を投げ出して死んでいるのが見つかり、遺体の側からトジュンが持っていたゴルフボールが見つかる。
d0030824_20837.jpg警察はその女子高生ムン・アジョン(ムン・ヘラ)を殺した罪でトジュンを逮捕。何も思い出せないトジュンは、言われるがままに自白調書に拇印を押してしまうのだった。
息子の無実を信じる母親は、耳を貸さない警察や弁護士に頼らず、自ら犯人捜しに乗り出す。


<作品解説>
ポン・ジュノ監督作品を見る度に思うのですが、とにかく「圧倒」されてしまいます。
傑作「殺人の追憶」でもブラックな雰囲気の中に鏤められたユーモア、そして思わず主人公に同化してしまうかのようなストーリーが展開しましたが、本作もそれに負けず劣らず、素晴らしい作品となっています。
なんといっても本作は母親もといおばさんが主人公にも関わらず、おばさん目線で物語を追ってしまう…こんな作品を撮れるポン・ジュノ監督の頭の中はどうなっているんですかね。
さて、知的障害の青年トジュンと彼を溺愛する母親のやばいくらいの親子愛が描かれていきます。
というか、母親のほぼ一方的な過保護ともいうべき偏愛なわけですが、息子が殺人をするわけがないと信じて奔走します。
肝心なことをよく忘れてしまうトジュン、「CSI」を参考にして現場検証する田舎警察、都合の悪いことを押しつけるトジュンの友人ジンテ…とにかくアクの強い登場人物達が母親を惑わせます。
それでもひたすらに捜査を続ける母親、彼女もまた濃い人物でして、色んなものをかなぐり捨てていきます。
観客はいつしか母親の感情に同化し、真犯人を見つけるまでの緊張感が徐々に高まっていくのです。
ただし、本作における欠点があるとすれば、「殺人事件」という材料が母親の愛情証明の手段となってしまったこと。もちろん、これは間違ってはいませんが、「加害者の家族」という客観的な視点からすれば勿体ない。
また、一点だけ辻褄の合わないところがあったような気がします。

<見どころ>
中盤に、母親とジンテの会話があります。
このシーンは恐らく観客にとっても「なるほど」と思わせるところ。
ラストはブラック感に満ちていますね。

<出演者>
母親を演じたキム・ヘジャの演技は圧巻。
「母親」というキャラクターを強烈に見せてくれます。
トジュン役は兵役を終えて復帰したウォンビン。ポン・ジュノ作品の中では異彩を放つ男前かと思いきや、この人はうまいですね。
そして、本作でも強烈な印象を放つのがジンテ役のチン・グ。
淡々と毒を吐くジンテを好演していました。

<総評>
2009年度の作品の中でも評価の高かった本作、見れば納得。
個人的には「殺人の追憶」の方が好みですけどね。
しかし、これがオリジナル脚本というところに凄さを感じます。
韓国の寒村は日本人から見れば実に独特の雰囲気。寒々しい空気の中に吹き込まれたミステリーは、否応なく緊張を高めます。
オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-05-10 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< スーパーカブ タイタンの戦い >>