トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
スチームボーイ STEAMBOY
d0030824_14385282.jpg『STEAMBOY』 日本/2004
監督:大友克洋
声:鈴木杏 小西真奈美 中村嘉葎雄 津嘉山正種 児玉清
   沢村一樹 斉藤暁 寺島進




公開時コピー
僕は、未来を、あきらめない。

「AKIRA」の大友克洋が9年の歳月と24億円をかけて送り出した長編アニメーション。
監督作品としては「MEMORIES」以来となる。
しかし、プロモーションの多さと前評判に反比例して反応は半々。
声を当てるのは声優ではなく、俳優。
「リターナー」の鈴木杏、ドラマで活躍中の小西真奈美、「ホワイトアウト」の中村嘉葎雄など。

<あらすじ>
19世紀、イギリス・マンチェスター。
13歳の少年レイは蒸気機関の研究をしている祖父ロイド博士と父エドワード博士の才能を引き継いで、紡績工場で蒸気機関の整備の仕事をしていた。
ある日、レイの家にロイドから荷物が届く。
中身は機械の設計図と謎の金属ボールだった。同じくしてロイドとエドワードが所属しているオハラ財団の人間がやってきて金属ボールを渡すようにいうが、ロイドの手紙を読んだレイは設計図と金属ボールを持って逃げだす。途中、ロイドから連絡を受けたというロバート博士達と合流するが、追ってきた財団にレイは捕まってしまうのだった。

***

うーん、大友監督の作風が大きく変わってしまったんでしょうか。
全体的に実写的なコマ割りをしていると思います。
映画全体の荒唐無稽さはウィル・スミス主演の「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のようなSF感覚で、機械のあらゆる構造を蒸気でやってしまおうというものですが、斬新さは今ひとつ。
これが数年早くできていたらきっと大ヒットしたんじゃないかと思います。
確かにアドベンチャー要素とエンターティメント性はとても高いんですが、シナリオがありきたりに思えてしまい、「AKIRA」で見せたカオスが消え失せて極めて普通の作品になってしまったのは残念です。

もともと「AKIRA」自体が悲劇的な側面を持ち合わせ、メッセージについては見る側に委ねるという感覚であったことが、ジブリ作品に見られる一般受けな感動と二分する部分ではあったんですが・・・。
宮崎駿や押井守のような独特な雰囲気は無いですね。
語るべき部分というのがほとんどありません。
楽しい映画ですが、ハリウッド的です。
言い換えれば、邦画でもハリウッド作品は創ることができる、ただしアニメに限って、というような前置きが必要ですが・・・。

ただ、アニメーションとしてのクオリティは凄まじいです。
細かい描写、俳優による声、19世紀のイギリスを描写した風景など見所がたくさんあるのも確か。
大友作品というジャンルやカテゴリを頭から排除して見ることをお薦めします。
ちなみに個人的に言えば結構楽しめました。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-06-27 23:20 | アニメ/CG
<< ココニイルコト 復活の日 >>