トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
東のエデン 劇場版 II Paradise Lost
d0030824_147956.jpg『EDEN OF THE EAST -PARADISE LOST-』 日本/2010
監督:神山健治
声:木村良平 早見沙織 江口拓也 川原元幸 齋藤彩夏
斉藤貴美子 田谷隼 檜山修之 五十嵐麗 遊佐浩二
森田成一 玉川紗己子



公開時コピー
滝沢 朗とは何者なのか?

「攻殻機動隊S.A.C」の神山健治監督による、オリジナルアニメシリーズの劇場版第2部。
テレビシリーズの続編であり、完結編となる。
キャラクター原案は「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ。
声はテレビシリーズ同様のキャスティング、「ネオ アンジェリーク Abyss」の木村良平、「宙のまにまに」の早見沙織、「戦う司書 The Book of Bantorra」の江口拓也、「クイーンズブレイド 流浪の戦士」の川原元幸、齋藤彩夏、「夏目友人帳」の斉藤貴美子など。

<あらすじ>
d0030824_1475688.jpg半年間、行方不明となっていた滝沢朗とニューヨークで再会した咲。
記憶を失い、逝去した総理大臣・飯沼誠二朗の私生児・飯沼朗として過ごしていた滝沢だったが、咲と共にニューヨークを巡り、少しずつ記憶を取り戻していく。
滝沢はゲームを終了させるために、黒羽の協力で咲と共に日本への帰国の途につくが、テロリストAiR KINGの帰国はメディアに広まり、空港には報道陣とニートの若者達で溢れかえっていた。
そんな彼らの前にやってきたのは、飯沼誠二朗後援会と彼の妻・千草だった。
千草は滝沢がテロリストでありながら誠二朗の私生児と名乗ることが許せなかったのだ。
d0030824_148877.jpg彼らについていくことにした滝沢は、咲にある頼み事をする。
それは彼の過去と出生の秘密に関わるものだった。
一方、1番目のセレソン物部は障害となる東のエデンメンバーと、2番目のセレソン辻を追い詰めるための最終段階に入っていた。

<作品解説>
テレビシリーズの続編として製作された劇場版2部作。本作は全ての謎が解ける完結編となります。
オンエア開始から丸1年ほどで、劇場版を含めて全て完結するというのは、なかなか異例とも言えます。お陰でテンションが下がらずに、シリーズ通して見られるというのは良いですね。
本作は完結編にふさわしく、ゲームの決着のみならず、なぜ滝沢がセレソンに選ばれたのか、そしてゲームを画策したMr.OUTSIDEまで暴かれるという展開になっています。
シリーズに張られた伏線は色々とありますが、これが一気に集約されるかというとそうでもない。
あちこちにリンクがあるために、何度か見直す必要があるといえます。ただ、パンフレットには一連の関連性が書かれているので、買って損はないでしょう。
さて、日本に帰国した滝沢は、最後の重要な展開となる急逝したタカ派の総理大臣・飯沼誠二朗との関係について追求されていきます。
その一方で、したたかな物部は状況を利用して滝沢を追い詰めようとしますが、彼自身、元官僚という立場から脱却しきれない思想の持ち主であるために強硬手段に出てきます。
実質的に滝沢対物部の対立構造になりますが、思想の違いを語るシーンは面白いですね。
理想なのか、現実なのか、100億円で出来ることの楽しさみたいなのが感じられてしまうのです。
様々な伏線を楽しむなら、もう一度テレビシリーズを見直した方がいいですね。
ラストは些か説明的な感じがしましたが、エンドロールの後も続きますので最後の最後まで待ちましょう。

<見どころ>
滝沢がセレソンに選ばれた理由。
このシーンは思わず納得してしまうセリフが出てきます。
クライマックスにおける奇策も見事。

<その他>
映画ネタが少し減ってしまったのが残念。
大杉くんはかわいそうです(笑)。
しかし、全編通して真面目なテーマで作られているのは、監督の手腕というほかありません。
アニメのオリジナルでここまで濃いとは…監督の次回作は期待大です。

<総評>
当然ですがテレビシリーズから通して見るとおもしろさがよく分かります。
主人公である滝沢は得体の知れ無さを持っていますが、近年にはないヒーロー像とも言えますね。
感動するというよりも、ストーリーのディープさに満足できます。

<関連作品>
東のエデン 総集編 Air Communication
東のエデン 劇場版 I The King of Eden
東のエデン 劇場版 II Paradise Lost

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-03-13 23:55 | アニメ/CG
<< アラビアのロレンス/完全版 片腕マシンガール >>