トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
片腕マシンガール
d0030824_0404362.jpg『THE MACHINE GIRL』 日本・アメリカ/2007
監督:井口昇
出演:八代みなせ 亜紗美 島津健太郎 穂花 西原信裕
川村亮介 秀平 石川ゆうや 菜葉菜 岸建太朗
岡本良史 デモ田中 木嶋のりこ 諏訪太朗



公開時コピー
この復讐、常識外。

アメリカのオタク市場を意識して製作された、スプラッターアクション。
監督は「ロボゲイシャ」の井口昇。
出演は本作が長編デビューとなった八代みなせ、「おいら女蛮(スケバン)」の亜紗美、「魁!!男塾」の島津健太郎、「テレビばかり見てると馬鹿になる」の穂花、「天使がくれたもの」の川村亮介など。

<あらすじ>
d0030824_0405422.jpgかつて両親が殺人容疑をかけられて自殺してしまった過去を持つ女子高生アミ(八代みなせ)は、弟のユウ(川村亮介)と慎ましく暮らしていた。
そんなある日、ユウが中学でイジメにあい、その挙げ句同じくいじめられていた友人のタケシ(秀平)と共に殺されてしまう。警察は2人を自殺と断定する。納得のいかないアミは、ユウの部屋で日記を見つけ、そこに書かれていた名前を元に、イジメをしていたグループの1人藤井を見つける。
d0030824_041777.jpg家に押しかけるものの、逆に両親から襲われ、腕に怪我を負ってしまう。
その夜、アミは藤井家に忍び込んで一家を殺害、狂気に駆られたままイジメのリーダーでヤクザの息子・木村翔(西原信裕)の家へと向かう。しかし、服部半蔵の血をひく木村家での戦いに敗れて捕まり、激しい拷問の末、左腕を失ってしまうのだった。

<作品解説>
タイトルからしてB級の香りが…と、期待を裏切らないトンデモ作品でした。
凄まじいまでの血しぶきとスプラッタ表現、苦笑してしまうようなおバカ描写までプラスされています。
とりあえず笑えるのが、主人公のアミは戦闘力が異常に高い。
むしろ登場人物のほとんどがやたらと強いですけど…これってアメリカでうけるんだろうか。
さて、弟を殺された女子高生アミは服部半蔵の血をひくヤクザに復讐しにいって返り討ちに遭います。片腕切られても失血死しないほどの体力を持つアミ。
なぜか自動車工場で製作された強力なマシンガン(反動とか無視)を片腕に付けて、再度リベンジ。
敵は某格闘ゲームに出てくるオヤジのような頭をした親分とその妻、そして仇の本命である息子。部下はジャージを着た忍者で、戦隊もの的な名乗りをあげたりします。
アクションシーンはそれなりに面白いんですが、スプラッタ表現がもうひどくて…リアルすぎても困るけど、ちゃちすぎるのもどうかと思いますね。
それにしても、ヤクザの親分の武器、久々に見ましたよ。
空飛ぶギロチン…。

<見どころ>
女子高生がセーラー服を戦闘服にしてるってスケバン刑事以来のデフォルト?
個人的には空飛ぶギロチンが大ウケでした。

<出演者>
主演の八代みなせは普通にかわいいですが、演技は残念なことに。しかし、体を張ったアクションは素直に褒めたい。その相棒役となる亜紗美も結構頑張っています。
島津健太郎はその風貌がギャグ、最後の武器もギャグ。
肝心要の敵役を演じた西原信裕はあれでいいんだろうか。

<総評>
まあ要するにタランティーノが好きそうです。
ノリとしては「キル・ビル」だし、くだらなさは「フロム・ダスク・ティル・ドーン」みたいだし。
全部タラちゃん絡みでしか思いつかないです。
ギャグとして見ればそれなりってところでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-03-09 23:41 | アクション/アドベンチャー
<< 東のエデン 劇場版 II Pa... 究極超人あ~る >>