トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ラッシュライフ
d0030824_2374531.jpg『LUSHLIFE』 日本/2009
監督:真利子哲也 遠山智子 野原位 西野真伊
出演:堺雅人 寺島しのぶ 柄本佑 板尾創路 団時朗
MINJI 深水元基 永井努 竹嶋康成 筒井真理子
塩見三省 塩谷瞬 佐藤江梨子



公開時コピー
絶望は、なんて希望にあふれているんだろう

伊坂幸太郎の同名小説を、東京芸術大学映像研究科の学生たちが監督して実写化。
監督は「イエローキッド」の真利子哲也、「よるのくちぶえ」の遠山智子、「ELEPHANT LOVE」の野原位、「死んだらゲームをすればいい」の西野真伊。
出演は「ゴールデンスランバー」の堺雅人、「人間失格」の寺島しのぶ、「空気人形」の柄本佑、「板尾創路の脱獄王」の板尾創路など。

<あらすじ>
d0030824_238535.jpg・河原崎
父親が自殺したことで道を見失い、宗教団体の教祖・高橋(塩谷瞬)に救いを求める青年・河原崎(柄本佑)。
ある日、教団幹部の塚本(竹嶋康成)から、運転を頼まれる。たどり着いた先のマンションの部屋には男が横たわっていた。
塚本は、彼こそが神である高橋であり、復活させるために解体をするという。
・黒澤
華麗な盗みと自らの美学を決して曲げない孤高の泥棒・黒澤(堺雅人)。
いつものように、部屋を物色していると、突然住人だという男が帰ってきてしまう。しかし、黒澤は慌てずに、男の持つ過去を言い当てていくのだった。
・京子
プロサッカー選手の青山(深水元基)と不倫をしているカウンセラーの京子(寺島しのぶ)は、借金を背負った夫が離婚を承諾したことに満足し、次の計画に移る。それは青山と共に彼の妻を殺すというものだった。
しかし、その道中、ある男を轢き殺してしまう。
d0030824_2381539.jpg・豊田
会社をリストラされた中年男・豊田(板尾創路)。いつもと同じように街をふらついていると、一匹の犬と出会う。犬は口にコインロッカーの鍵を加えており、豊田はその鍵を使ってロッカーの中を見ると、拳銃だった。自殺を試みようとするが、自分を蹴落として出世した同僚への復讐を決意する。

<作品解説>
東京芸術大学映像研究科の学生達が、企画、製作、配給までを手がけるプロジェクトで撮られた本作。
プロジェクトに賛同した伊坂幸太郎の同名小説が映画となり、さらに賛同した俳優達が出演するという、学生ながらもなんとも豪華な作品です。
原作は随分前に読んだんですが、結構うろ覚えなので、映画でおさらいという感じで考えていたのですが、ちょっと残念な出来となってしまいました。
伊坂作品に特長的なのは、いくつかのエピソードが綺麗にリンクしているところにあります。本作は、個々の主人公のストーリーを4人の監督がそれぞれ担当するというオムニバス形式をになっていて、これはまあ、正解といえるでしょう。
しかし、この手の作品では既に「アモーレス・ペロス」や「バンテージポイント」といった作品があるので、もっと参考にして欲しかったところ。
さて、4人の主人公がそれぞれの1日の生活の中でわずかな繋がりが生じて、ラストに集約されるわけですが、どうもスッキリしないですね。
また、映像も独特であったりするものの、音声が非常に悪い。
これって専用マイクで音を拾っているというより、ハンディカムに付いているマイクそのままみたいな…とにかく聞き取りづらかった。セリフがちゃんと聞こえるというのは基本中の基本です。
学生監督という色眼鏡無しでも、ダメですね。
脚本については言わずもがな…原作はもっと色々なキーワードがあったはずなのに、それがゴッソリ抜け落ちています。

<見どころ>
エピソードで言えば、豊田が一番かもしれません。
あと、堺雅人演じる黒澤がいいかな。

<出演者>
これだけ豪華な俳優陣…文句付けるところもありません。
むしろ、学生が監督する作品に賛同した俳優陣には拍手したい。
過不足のない出演陣です。

<総評>
力不足というべきか、とにかくシナリオが甘すぎます。
これではせっかくの原作も無駄に思えてしまう。
こだわりどころを間違えたというか、もっと面白くできた気がします。
数ある伊坂作品の映画では、お世辞にもオススメできないですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-03-06 23:59 | ヒューマン/ドラマ
<< 究極超人あ~る 沈黙の鎮魂歌 >>