トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ザ・スピリット
d0030824_122382.jpg『THE SPIRIT』 アメリカ/2009
監督:フランク・ミラー
出演:ガブリエル・マクト サミュエル・L・ジャクソン エヴァ・メンデス
スカーレット・ヨハンソン ジェイミー・キング サラ・ポールソン
ダン・ローリア  パス・ベガ ルイス・ロンバルディ
スタナ・カティック


公開時コピー
最大の敵こそ、真実。

アメコミの巨匠ウィル・アイズナーの同名原作を、「シン・シティ」のフランク・ミラー監督が映像化。
出演は「グッド・シェパード」のガブリエル・マクト、「ジャンパー」のサミュエル・L・ジャクソン、「ゴーストライダー」のエヴァ・メンデス、「そんな彼なら捨てちゃえば?」のスカーレット・ヨハンソン、「シン・シティ」のジェイミー・キング、「ベティ・ペイジ」のサラ・ポールソンなど。

<あらすじ>
d0030824_1224662.jpg雪が降りしきるセントラル・シティ。街のマスクヒーロー、スピリット(ガブリエル・マクト)の元に一本の連絡が入る。それは宿敵オクトパス(サミュエル・L・ジャクソン)が、ウォーターフロントで怪しげな動きをしているという情報だった。
スピリットは街の小悪党を倒しながら、警官と共にウォーターフロントへとやってくる。
しかし、そこには情報をくれた警官が撃たれて息も絶え絶えになった姿だった。
警官によると、水の中から謎の美女が現れ何かの難破船から箱をひとつ持ち去ったという。
話を聞いている最中、オクトパスに襲われるスピリット。
互いにボロボロになるまで戦いを続けるが、どちらも死ぬことはない。
その間に、オクトパスの腹心の部下、シルケン(スカーレット・ヨハンソン)がもうひとつの箱を運んでいく。d0030824_1225571.jpg
オクトパスはスピリットに、互いの不死身の体には秘密があると言い残して去る。
スピリットは、警官が掴みとった美女のペンダントから、それがかつてこの街に住んでいた少女で、スピリットの少年時代に恋人だったサンド・サレフ(エヴァ・メンデス)だと知る。

<作品解説>
フランク・ミラーといえば、大ヒットした「300<スリー・ハンドレット>」「シン・シティ」の原作者としても有名です。「シン・シティ」ではロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノと一緒に監督をつとめていました。
そんなわけで本作は監督業2作目となるのですが、「シン・シティ」のモノクロ(一部カラー)のビジュアルが気に入ったのか、本作でも似たような感じになっています。
ただし、本作では限りなくモノクロに近いカラーとなっており、赤だけは原色設定です。
原作はアメコミ界最大の功労者といっても差し支えのないウィル・アイズナー。
こちらは読んだことがないので、本作がどの程度まで再現されているのかは不明です。
さて、主人公スピリットの説明は劇中で語られていきますが、とりあえずマスクを付けた不死身の男で、戦い方は基本的に素手、さらに女たらし、意外と間抜けな感じのヒーロー。
宿敵はオクトパスというコスプレマニア、なぜか日本かぶれになってみたりして…その美人助手シルケンもコスプレに付きあってます(笑)。部下は超間抜けなクローン達。
登場する女性は美女ばかりという、お約束パターンでありつつも楽しいのでOKです。
ノリは非常に軽く、およそヒーローらしからぬやられっぷり、アクションに派手さはそれほどないし、あちこち馬鹿げたシーンが点在してます。
個人的にはこのノリは好きだけど、世界観を受け入れられるかどうかで左右されちゃいますね。

<見どころ>
まあ、あちことにお馬鹿な展開がありますよ。
走馬燈で見るのがそれかよ!と思ったら、自分でツッコミいれるスピリット。
ギャグアクションかもしんない。

<出演者>
目の周りを隠すだけで、人の顔ってのはわかりません。ガブリエル・マクトの顔って…どんなだったっけとか思ったり、ググッて見たりとか。
サミュエル・L・ジャクソンは、フランク・ミラーの大ファンだとかで、コスプレマニアのオクトパスを喜々として演じています。この人、悪役好きだよなぁ。ルイス・ロンバルディとスカーレット・ヨハンソンとの組み合わせはコント以外のなにものでもない。
女優陣では、ジェイミー・キング、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、パス・ベガという色気どころがもう…いいね。ナイスなキャスティング。
そして、何気に可愛いのがモーゲンスターン役のスタナ・カティック
さらにスピリットの恋人エレン役はサラ・ポールソン、知的でステキです。

<総評>
日本では意外と評価が低い本作。
アメリカンジョークな感じだし、ハードボイルドかと思ったらギャグに近いし、ガブリエル・マクトの目元は睫毛が長くて迫力が違う方向に飛んでたりとか。
しかし、アメコミヒーロー達の原点でもあるので、試しに見てみるのはありでしょう。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2010-01-17 23:47 | アクション/アドベンチャー
<< ルパン三世 VS 名探偵コナン 東のエデン 劇場版 I The... >>