トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
スペル
d0030824_1432659.jpg『DRAG ME TO HELL』 アメリカ/2009
監督:サム・ライミ
出演:アリソン・ローマン ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー
ディリープ・ラオ デヴィッド・ペイマー アドリアナ・バラーザ
チェルシー・ロス レジー・リー モリー・チーク



公開時コピー
何故?どうしたら? 解けなければ、死。

「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が久しぶりに手がけたホラー。
出演は「ベオウルフ/呪われし勇者」のアリソン・ローマン、「そんな彼なら捨てちゃえば?」のジャスティン・ロング、テレビドラマのベテラン女優ローナ・レイヴァー、「アバター」のディリープ・ラオ、「ペイバック」のデヴィッド・ペイマー、「バベル」のアドリアナ・バラーザなど。

<あらすじ>
d0030824_1433869.jpg銀行の融資担当部署で働くクリス(アリソン・ローマン)は、優秀な行員。未だに空席のままの次長職候補だが、新人のライバルがいるために冷静な仕事を心がけていた。
ある日、ジプシーの老婆ガーナッシュ夫人(ローナ・レイヴァー)がやってくる。
家のローンが払えずに、差し押さえが始まっているため、なんとかローン延長できないかと相談に来たのだ。
クリスは上司のジャックス(デヴィッド・ペイマー)に相談するが、すでに2度の延長がされているために難しいと言われる。
クリスは気の毒に思いながらも、d0030824_1434824.jpg自らの昇進のためにローン延長を断ると、ガーナッシュ夫人は激高して、ガードマンに追い出されるのだった。
その夜遅く、残業で地下駐車場に降りたクリスは、そこにガーナッシュ夫人の車を見つける。
不安に思いながら、自分の車に乗り込んだ彼女だったが…。


<作品解説>
サム・ライミ監督といえば近年では「スパイダーマン」シリーズが一番有名ですが、それ以前はマニアックかつカルト人気を誇るホラー映画「死霊のはらわた」シリーズが有名です。
そんな監督の久々の作品が、超ベタな…ともいえる王道ホラー。
スプラッタ表現は少なく、カメラワークや音なので怖がらせるという、古典的な手法を用いながらも、それがツボに入る入る…オープニングまで凝っています。
さて、主なストーリーはジプシーのお婆さんがローンを断られ、「私は誇り高い女よ!恥をかかせたわね!」と逆ギレして主人公のクリスに呪いをかけます。2度もローン延長しているのに、すごいモンスター婆さんですが、この人がホントにモンスター並。
ホラー作品というのは大抵、理不尽で我が儘かつ不愉快なキャラクターが出てきますが、この婆さんとクリスの肉弾戦は恐るべき光景。
お前、そんだけ元気なら働けるだろ!と婆さんにツッコミを入れつつ…呪いをかけられた哀れなクリスの周囲に起こる不気味かつ恐怖の出来事が矢継ぎ早に起きます。
まあ、とにかくしつこい嫌がらせは昼夜夢の中、これが最後まで続くから監督のSっぷりは見事(笑)。
婆さんの笑えるスプラッター表現があったりして、楽しませてくれます。
個人的にはラストがなぁ…いや、作品としてはいいんだけど。

<見どころ>
恐怖のガーナッシュ夫人は、年寄りのくせに相当に強い。
しかも入れ歯のクセに、あの歯はねぇだろとツッコミ。

<出演者>
主演のアリソン・ローマンは童顔で伸び悩んでいた時期もあったようですが、本作は古くさい感じがして逆にそれが味になっています。
ジャスティン・ロングは最近よく見かけますね。
この人のある意味クセがない演技は好きです。
極めつけはローナ・レイヴァー…もはや怪演という言葉以外に見あたりません。

<総評>
全編通してとにかく理不尽、それなのにユーモアが鏤められていたりして面白い。
ただ、ホラーが苦手な人には向かないですね。
特に虫が嫌いな人とか。
久々にツボにはまったホラー作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-11-13 23:48 | ホラー/オカルト
<< ソウ6 ロックンローラ >>