トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ワイルド・スピード MAX
d0030824_0332859.jpg『FAST & FURIOUS』 アメリカ/2009
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー  ミシェル・ロドリゲス
ジョーダナ・ブリュースター ジョン・オーティス ラズ・アロンソ
ガル・ギャドット テゴ・カルデロン  ドン・オマール  シェー・ウィガム
ライザ・ラピラ ジャック・コンレイ サン・カン  マーサ・ミシェル


公開時コピー
伝説再び!オリジナルメンバー結集!
記録・スピード全てがMAX!


日本車を使ったストリートレース映画として人気を博した「ワイルド・スピード」シリーズ、第4弾。
時系列的には3番目となる。
監督はシリーズ第3弾「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のジャスティン・リン。
出演はシリーズ1作目のヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、「アメリカン・ギャングスター」のジョン・オーティス、「セントアンナの奇跡」のラズ・アロンソ、デビューとなるガル・ギャドットなど。

<あらすじ>
d0030824_0334883.jpgトレーラー襲撃犯ドミニク(ヴィン・ディーゼル)が、FBIの潜入捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)に見逃されてから5年。
ドミニクは、ドミニカ共和国で恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)達と相変わらずトレーラーを襲撃しては稼いでいた。しかし、タンクローリー襲撃が派手過ぎたために、当局に厳しくマークされた彼は、一緒にいるレティまでもが捕まることを恐れて、ひっそりと出て行く。
一方、ブライアンはFBI捜査官として麻薬密売組織を追っていた。謎の人物デヴィッド・パークを探し続けるブライアン。ちょうどその頃、ドミニクは潜伏先でLAに住む妹のミア(ジョーダナ・ブリュースター)から、レティが殺害されたとの報せを聞き、LAへと舞い戻る。
殺害現場を調べたドミニクは、タイヤ痕から犯人の車がニトロを搭載した改造車に乗っていることを突き止める。そんな改造をする人物が1人しかいなことを知っていたドミニクは、改造屋からデヴィッド・パークなる人物の名前を聞き出すのだった。
d0030824_034069.jpg奇しくも、同じ人物にたどり着いたブライアンとドミニクは数年ぶりの再会を果たし、捜査と復讐という共通の敵を追うことになるが、互いに譲ろうとはしなかった。そんな折り、組織が運び屋ドライバーをレースで決めると知り、2人は再びストリートレースで対決することになる。

<作品解説>
作品の時系列としては2作目の続編であり、1作目のオリジナルキャストで占められた本作。
まさに正統な続編とも言えます。
1作目はほぼ日本車ばかりだったのに対し、本作ではアメ車が多数登場。
ファンとしては少し残念な気がしますが、今回はこのアメ車が古いものが多く、これが魅力的です。
さて、序盤からスピード感溢れるタンクローリー襲撃シーンから始まり、いきなりボルテージMAX!と思いきや、麻薬組織の捜査やドミニクの行動が割と丁寧に描かれており、レースシーンが若干少なめな印象。
それでもレースシーンはかなり凝っていて、3作目のキモとなったドリフトがあるなど、良いとこ取りといったところ。
ストーリーは復讐劇と友情の再開がメインとなっていますが、ネタとしては些か平板な感じですね。
1作目の登場人物が主点になりすぎて、新キャラクターが立っていないのが残念。
まあ、ストーリーをどこまで深く求めるかは観客次第ですが、もっとレースとカーチェイスシーンがあれば盛り上がったでしょう。
ただ、変な格闘シーンなどが無かったのが良かった。
あくまでも車がメインなので、好きなら楽しめますね。

<見どころ>
もうこの手の映画の見どころは決まっています。
レースとカーチェイスに他なりません。
序盤のタンクローリー襲撃も格好いい。

<出演者>
ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーをはじめとするオリジナルキャストの集結は素直に嬉しい。
4作目で再び集まるってなかなかあり得ないですよ。
注目はデビューとなった元モデルのジゼル役のガル・ギャドット。
スレンダーな美人で、カッコイイ!
また、3作目の主要キャラクターを演じたサン・カンが登場しています。
シリーズのつなぎ役という意味だけですが…。

<総評>
日本車の出番が減ってしまいましたが、見せ場は十分。
個人的にはImpreza WRX STiモデルが出たのが嬉しい。
1作目に出てきた三菱エクリプスとかの登場も期待したんですけどね。
107分という長さながら、時間以上に長く感じてしまったのが残念ですが、丁寧に作られているのでオススメです。

<関連作品>
ワイルド・スピード
ワイルド・スピードX2
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
ワイルド・スピード MAX

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-10-12 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< 団塊ボーイズ ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ >>