トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
d0030824_0581715.jpg『TWENTIETH CENTURY BOYS 3rd』 日本/2009
監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之平愛梨 
藤木直人 石塚英彦 佐々木蔵之介 山寺宏一 高橋幸宏
佐野史郎 森山未來 古田新太 小池栄子 木南晴夏
福田麻由子 ARATA 石橋蓮司 中村嘉葎雄 黒木瞳


公開時コピー
もうひとつの 結末。
もうひとりの ともだち。


浦沢直樹の同名ベストセラーコミックの映像化第3部にして完結編。
監督は前2作に引き続き、「トリック」シリーズの堤幸彦。
出演は前作同様、唐沢寿明をはじめ、豊川悦司、常盤貴子をはじめとして、カメオ出演が多数。
高嶋政伸 、田村淳、岡田義徳、武蔵、武内享、ダイアモンド☆ユカイ、MCU、吉田照美、原口あきまさ、斎藤工など。
主題歌は前作に引き続きT・レックスの「20th Century Boy」。

<あらすじ>
d0030824_0582689.jpg西暦2017年、“ともだち”が暗殺されて奇跡の復活を成し遂げ、3年が経っていた。
世界各地では殺人ウイルスが蔓延し、東京は巨大な壁で外界と隔絶されていた。
“ともだち”は8月20日に、宇宙人の襲来による人類滅亡を予言していた。
オッチョ(豊川悦司)は、漫画家・角田(森山未來)と共に壁を乗り越え、地球防衛軍の追跡を逃れて神様(中村嘉葎雄)や仁谷神父(六平直政)達と再会する。
そこで彼はヨシツネ(香川照之)がゲンジ一派といわれるレジスタンス活動していること知ると同時に、カンナ(平愛梨)が過激な組織・氷の女王として武力による蜂起を企てていることを聞かされる。
一方、マルオ(石塚英彦)は国民的歌手・春波夫(古田新太)とd0030824_058356.jpg共に行動していた。市原節子からキリコ(黒木瞳)の居場所を知ったマルオは、彼女がいるという療養所に向かう。
そこで同窓会以来、姿を隠していたケロヨン(宮迫博之)と出会い、キリコがウイルスの研究をしていると聞く。
その頃、ギターを抱えた男が東京の関所に姿を現し、歌い始めるが…。

<作品解説>
邦画としては異例の3部作、そして原作のイメージに沿った豪華キャスト陣…ついに完結です。
ハリウッド映画だと、シリーズものは2年以上空いてしまうことも多いんですが、本作はいいペースで公開されたので、テンションがなんとか維持できていました。
原作は読んでいないので、原作とは違うラスト…と言われると「じゃあ、原作読んでみようかな」と思ってみたりして、こういうのもありなんだな、と。
さて、本作では遂に“ともだち”の正体、そしてなぜに小学校時代の友達に固執するのか、目的は何なのか…巨大ロボットを作ってみたり、ウイルスをばら撒いたりとやりたい放題していますが、これって子供の癇癪みたいなノリなんですよね。
そう考えるとストーリーそのものがものすごく怖い。
“ともだち”は人を操るカリスマに優れながら、その頭の中は小学生から変わっていないことになります。
彼を止めようとするケンジをはじめ、カンナたちは子供の癇癪に振りまわされ、多くの人々は流されていく。
東京を防衛する昔の憲兵のような地球防衛軍もすべてノリ…まともな大人はどう考えてもオレンジの制服に無意味なヘルメットを被って言論弾圧なんてしないでしょう(笑)。
カンナ率いる氷の女王一派も、カンナ以外は全部若い男という、まるで女王アリと兵隊アリの関係のようです。
そういう悪ノリをすべて含めて、きっと原作に忠実なんだろうと思わせる作品です。
CGも今ひとつ、前2作とは明らかに惰性的な面が見えつつも、この悪ノリをどこまで続けていくのか。
実は結構笑えるシーンもあったり、バカバカしかったりして…でも、こういうものを邦画でやることの面白さが堪能できます。

<見どころ>
カブチョッパーが妙にかっこいい。
これって、改造キットとか出そうです。
それはさておき、見どころというなら、クライマックス。
そしてエンディングが終わった後に、本当に最後の結末が用意されています。
不用意に席を立ってはいけないですね。

<出演者>
もはや見慣れた感のある唐沢寿明ほか、キャスト陣。
カンナ役の平愛梨は前作同様、うまくないですね。表情とかはいいのに、台詞がわざとらしいです。
本作での注目は小池栄子かもしれません。
目が据わってましたよ…。

<総評>
3部作まとめての評価でいうならば、徐々にテンション下がっていったというべきか。
たとえば、ミステリやサスペンスでは謎解きが一番面白いわけです。
しかし、伏線が張られていたにも関わらず、いまいち消化不良というべきか…悪くは無いけど、もっと最後に大きなオチがあればよかったかなぁと。
個人的には第1章が一番面白かった気がします。
おそらく、最後は現実感がとことん消失してしまったからでしょう。
ともあれ、邦画史上最大の挑戦となった本作、3部作ぶっ続けで見るのも面白いかもしれません。

<関連作品>
20世紀少年<第1章>終わりの始まり
20世紀少年<第2章>最後の希望
20世紀少年<第3章>ぼくらの旗

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-09-07 23:46 | SF/ファンタジー/パニック
<< カサブランカ サブウェイ123 激突 >>