トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
サブウェイ123 激突
d0030824_1962171.jpg『THE TAKING OF PELHAM 1 2 3』 アメリカ/2009
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン ジョン・トラボルタ ジョン・タートゥーロ
ルイス・ガスマン マイケル・リスポリ ジェームズ・ガンドルフィーニ
ベンガ・アキナベ ジョン・ベンジャミン・ヒッキー
ヴィクター・ゴイチャイ


公開時コピー
123号車、応答せよ─
要求は何だ?
この車両ひとつで、
NYはハイジャックできる


ジョン・ゴーディ原作のベストセラー小説の再映画化。
1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイクとなる。
監督は「デジャヴ」のトニー・スコット。
出演は「アメリカン・ギャングスター」のデンゼル・ワシントン、「ヘアスプレー」のジョン・トラボルタ、「トランスフォーマー/リベンジ」のジョン・タトゥーロ、「ローグ アサシン」のルイス・ガスマン、「ラウンダーズ」のマイケル・リスポリ、「オール・ザ・キングスメン」のジェームズ・ガンドルフィーニなど。

<あらすじ>
d0030824_1963249.jpgニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)は、仕事上のトラブルで降格させられ運行管理をしていた。
ほぼ同じ頃、ペラム1時23分発の列車が何者かに乗っ取られ、1両目だけを切り離して停車する。
犯人はライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る一味。ライダーは、無線を通じてガーバーと連絡を取り、2時13分から1時間以内に、市長に1千万ドルを乗客の身代金として用意させるように言えと命令する。
さらに、1分遅れるごとに乗客を1人ずつ殺していくと告げるのだった。
NY市警の人質救出班カモネッティ警部補(ジョン・タトゥーロ)が指令室に到着し、ガーバーは帰宅させられd0030824_1964462.jpgる。ところが、ライダーはガーバーを交渉相手に指名し、席にいないことを理由に運転手を殺害。
カモネッティはガーバーを呼び戻し、再び交渉させることに。
ライダーは、元地下鉄運転士で仲間のレイモス(ルイス・ガスマン)から、ガーバーが管理職にいたことを聞き、なぜ現場にいるかという質問を始めるが…。


<作品解説>
1974年の「サブウェイ・パニック」は英国アカデミー賞にノミネートされ、サスペンスアクションとして金字塔を打ち立てた名作です。
その他にもテレビ映画としてリメイクされていますが、最近ハリウッドのネタが尽きたのか、この手の作品のリメイクは多いですね。
地下鉄映画といえば、「交渉人 真下正義」、「サブウェイ」、「TUBE」などがあります。しかし、意外と地下鉄をメインにしたサスペンスって意外と少ないんですよね。
さて、本作は名優デンゼル・ワシントン、個性派のジョン・トラボルタとの頭脳戦になります。
この手の映画では珍しく、リーダーが過激で感情的という性格。
一方、交渉相手となるガーバーは冷静ながらも一般市民的。正義のヒーローというにはほど遠いイメージです。
面白いのは、限りなく直線的な逃亡経路しかない地下鉄をジャックするという発想。警察の救出部隊に囲まれながらも不敵に交渉を続けるライダーのふてぶてしさは見事です。
しかし、本作の甘いところは警察の行動がとろくさかったり(さらにノリツッコミしてるし)、ストーリー上のキーとなりそうな伏線が生かされていないところ。
現代劇にするなら色々とハイテクが生かされるかと思いきや、単なる交渉ごとに終始し、ラストがいかにもアメリカ的発想なのが残念です。

<見どころ>
犯人のライダーと交渉役のガーバー、2人の駆け引きはおもしろい。
特に中盤においてライダーが、ガーバー自身に秘密を語らせるくだり、ワシントンとトラボルタの演技が最高です。
カーチェイスは無駄と言うべきか…。

<出演者>
なんだか随分太った感じがするデンゼル・ワシントン。
やっぱりうまいんだよなぁ、この人は。
ジョン・トラボルタは悪役をやらせたらピカイチ。髪をそり上げて強面に。
神経質な悪役がぴったりです。
ジョン・タトゥーロはかなりオマケになってしまいましたが、助演としてしっかり果たしてくれています。

<総評>
オリジナルを見ていないのですが、本作はそこそこな感じ。
トニー・スコットお馴染みの映像センスは相変わらず格好いいんだけど、いつも大げさになるんだよなぁ。
逆にオリジナルに興味をそそられる出来と言えるでしょう。

<関連作品>
サブウェイ・パニック (オリジナル)
サブウェイ・パニック1:23PM (テレビ版)
サブウェイ123 激突

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-09-04 23:59 | ハードボイルド/犯罪
<< 20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 96時間 >>