トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
フレフレ少女
d0030824_1382815.jpg『フレフレ少女』 日本/2008
監督:渡辺謙作
出演:新垣結衣 永山絢斗 柄本時生 斎藤嘉樹 染谷将太
柳ユーレイ 加藤諒 金田哲 梅田愛子 奈津子 内田明
本多拓人 日向寺雅人 秋山奈々 鈴木晋介 伊藤洋三郎
中沢青六 モロ師岡 内藤剛志


公開時コピー
押忍!!
応援団はじめました!


「となり町戦争」の渡辺謙作監督による、スポ根風味の青春ムービー。
出演は「恋空」の新垣結衣、「罪とか罰とか」の永山絢斗、「いけちゃんとぼく」の柄本時生、「ひゃくはち」の斎藤嘉樹、「14歳」の染谷将太、「アキレスと亀」の柳ユーレイ、「阿修羅城の瞳」の内藤剛志など。
主題歌はAqua Timez。

<あらすじ>
d0030824_1383748.jpg櫻木高校2年の百山桃子(新垣結衣)は、恋愛小説に没頭する文学少女。現実の恋よりも、小説の恋に夢中だった。
ある日の放課後、本を読みながら歩いていた桃子の頭に野球部1年の大島(本多拓人)の放ったボールが当たって気絶してしまう。目覚めると保健室で、大島が介抱してくれていた。
桃子は大島に一目惚れしてしまうが、1年生ながらエース、さらに高校野球注目の選手とあって人気が高くライバルが多い。ラブレターを書いて下駄箱に入れようとしても、既に溢れんばかりに入っていた。
そんな時、屋上から誰かが叫んでいた。
それは応援団のたった1人の団員にして団長の山本龍太郎(永山絢斗)だった。応援団なら野球部の大島を見守れる、と考えた桃子は入団するが最低5人はいないと廃部になると言われてしまう。
野球部の練習試合は明後日、なんとか部員をかき集めようと手を尽くすと奇跡的に3人が入部する。
吹奏楽部ではみ出しものの金髪パンクロッカー遠藤譲二(柄本時生)、もてたくて入部したウェイトリフティング部の大坪泰平(斎藤嘉樹)、音痴が元で合唱部を追い出された田村晃(染谷将太)のいずれも1年生。
5人揃ったところで、龍太郎が部員が揃ったのは桃子のお陰なので、団長になってくれと言い出し、満場一致で決まってしまう。
d0030824_1384579.jpg翌日、野球部は大島を先発させ強豪・不知火学園と練習試合を始めるが、付け焼き刃な上にど素人の応援団にペースを崩されて負けてしまう。
サイテーの応援団と言われた挙げ句、エースの大島が不知火学園に転校することに。
桃子は当惑しつつも、続けることを決意するが…。

<作品解説>
応援団といえば、一昔前までは不良のたまり場的イメージなどがありましたが、あえて女子を団長に据えてしまうという大胆な発想により、コミカルに描かれています。
ストーリー展開は、よくある「愛と青春の旅立ち」タイプとなっていて、主人公がよっぽどのヘタレか天才肌、困難と友情、そして成功が描かれる王道パターンです。
さて、本作は文学少女がいきなり応援団に入り、ゆるい声で「フレーフレー」と応援するものの、逆効果でブチ切れされてしまうという展開から始まります。
普通、女子が応援するとなればチアリーダーだと思うんですが、ここは主人公の桃子が果てしなくずれているので単純に応援団を選択してしまいます。
足りない部員3人をかき集めるものの、自分勝手を絵に描いたヘタレ共。
お決まりパターンで根性をたたき直す為に先輩達が現れ、応援団が何たるかを教えていきます。
これだけ書いてしまうと、実に味気ない映画と思いますが、人を応援するという行為がどんなものなのか、その為にすべき事はなんなのか、恥ずかしくなるくらいにストレートに語られていきます。
そして、セーラー服から学ランに着替えた新垣結衣が凛々しく、応援シーンもかなり盛り上がる。
肝心の野球の試合が割とおざなりなのは残念。
ところで、本作はストーリー的に絶対あり得ない展開…野球部員が転校した場合、1年間は公式試合に出られません。つまり、エースの大島が甲子園の予選には絶対的に出られないのです。これはツッコミどころだと思うんだけど、高野連とか何も言ってこなかったのかなぁ。

<見どころ>
そりゃ新垣結衣ですよ。
メガネの文学少女から、長ランまで、ほとんどコスプレの領域に達しています。
しかし、メガネを簡単に外していたけど、視力はどうなっているんだろう…。

<出演者>
新垣結衣、普通に可愛いです。「恋空」は無駄にヒットした感じがしますが、次作の「BALLAD 名もなき恋のうた」は期待できますね。
気弱な副団長・龍太郎を演じた永山絢斗をはじめ、好演していますがキャラ設定が弱すぎた気がします。
もう少し目立っても良かったような…というのも内藤剛志をはじめとするOB連の俳優達がアク強すぎ(笑)。
オマケにエースの大島を演じた本多拓人は普通すぎました。

<総評>
要するにベタベタな青春映画なんですが、割と好きです、こういうのは。
似たようなストーリーで長澤まさみの「ロボコン」もありますが、テンポの良さで言えばこちらが上。
こういう応援団がいたら楽しいと思いますね。
でも、作品全体としては新垣結衣のファン向けという域を出ないのが残念でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-08-25 23:59 | 恋愛/青春/スポーツ
<< ゴッドファーザー PART III トランスポーター3 アンリミテッド >>