トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
天河伝説殺人事件
d0030824_4022100.jpg『天河伝説殺人事件』 日本/1991
監督:市川昆
出演:榎木孝明 岸恵子 日下武史 財前直見 山口粧太
岸田今日子 山口真司 岸部一徳 奈良岡朋子 大滝秀治
神山繁 加藤武 伊東四朗 石坂浩二 



公開時コピー
金田一耕助から十五年……天河に浅見光彦、走る

内田康夫原作の推理小説・浅見光彦シリーズ、第23作目にあたる同名作品の映画化。
シリーズとしては初の映画作品。
監督は「犬神家の一族」の市川昆。
出演はTVシリーズで浅見光彦を演じていた「チェスト!」の榎木孝明、「俺は、君のためにこそ死ににいく」の岸恵子、「青春デンデケデケデケ」の日下武史、「幕末純情伝」の財前直美、「WINDS OF GOD ウィンズ・オブ・ゴッド」の山口粧太、「春の雪」の岸田今日子、「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」の岸辺一徳、「釣りバカ日誌」シリーズの奈良岡朋子、加藤武、「母べえ」の大滝秀治、「I am 日本人」の神山繁、「築地魚河岸三代目」の伊東四朗など。

<あらすじ>
d0030824_441515.jpg東京・新宿で川島という能衣装会社の営業をしていた男が突然死亡する。
同じ頃、能の名門・水上流では秀美(財前直美)と和鷹(山口粧太)のどちらを跡継ぎにするか揉めていた。
2人の腕前はほぼ同等、秀美は兄の和鷹に跡継ぎになるようにいうが、和鷹は逆に秀美が跡継ぎになるのがふさわしいと考えていた。
時同じくして、ルポライターの浅見光彦(榎木孝明)は、先輩の剣持(伊東四朗)から、能についての記事執筆を依頼される。
浅見は奈良の吉野で出会った女性、長原敏子(岸恵子)にもう一度会ってみたいという思いからそれを引き受ける。そして、能では有名な吉野の先にある天河村にある天河神社に向かうが、その途中、道外れに佇む男を見つけて話しかける。
その男は水上流の1人、高崎義則(神山繁)だったが逆に怪しまれてしまう。
天河村に着いた浅見は、敏子が営む旅館に宿をとるが、次の日、高崎殺しの容疑を掛けられて拘留されてしまうのだった。

<作品解説>
角川映画十五周年記念作品の第二弾として制作され、続編を匂わす形で終わりましたが、角川書店内の混乱で続編は制作されず。
浅見光彦シリーズとしては、唯一の劇場作品となりました。
原作を読んだことがあるんですが、こんなストーリーだっけ?と思うところがしばしば…もっとも、テレビ版がそれなりによくまとまっているので、あえて映画として作られたのは意味があったのか疑問です。
また、市川昆が監督したことで、雰囲気は「犬神家の一族」っぽい感じ。ただ、個人的に思うのは、このシリーズって意外とライトな感じのため、監督の作風とは合わなかった気がします。
さて、ストーリーはよくある連続殺人事件。
ルポライターの浅見光彦が「関わらない」と言いつつも、美女の色香に迷い?、探偵役をかって出ます。
シリーズの見どころは常に新しいヒロインが登場しながら、浅見といい雰囲気になるところで終わる、というパターンです。これはシリーズそのものの時間が固定されているため(マンガなどでよくある「歳を取らない」パターン)にできることであり、そして主人公の浅見の恋はいつも成就しません(笑)。
ただ、第1作からは時間が動いており、またシリーズが進むにつれて、浅見光彦の探偵としての噂が広まっているというルールもあります。
それはさておき、全体的にはよくまとまっていますが、犯人があっさりわかってしまったり、トリックも複雑ではないので面白みにかけます。
登場人物たちの設定はしっかりとしているのに、シナリオが若干空回りという印象があるので、もったいないかも。
お馴染みのソアラが出てこないのも残念です。

<見どころ>
能を演じるのに、なぜかパーマが当たっている財前直美…バブル期なので髪型、化粧ともに凄いです。
見どころではないですが。

<出演者>
榎木孝明演じる浅見光彦は、原作者である内田康夫のお墨付きだそうで、はまり役です。
岸恵子は上品な演技、対照的なのは岸田今日子。
財前直美が結構な美人ぶりを発揮、そして伊東四朗がいい味だしています。

<総評>
当時は結構、宣伝をしていた記憶があります。
確か同名タイトルのイメージソングと中森明菜によるイメージソング「二人静」も発売されていました。
劇中で使われてはいなかった気がしますが…。
角川映画の末期作品、パワーが弱かったのが残念です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-08-12 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< ナイト ミュージアム2 クライマーズ・ハイ >>