トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
アイアンマン
d0030824_23591393.jpg『IRON MAN』 アメリカ/2008
監督:ジョン・ファヴロー
出演:ロバート・ダウニー・Jr ジェフ・ブリッジス
テレンス・ハワード グウィネス・パルトロー ショーン・トーブ
レスリー・ビブ ファラン・タヒール サイード・バッドレヤ
声:ポール・ベタニー


公開時コピー
装着せよ──強き自分

マーベル・コミックの人気キャラクターの1人である「アイアンマン」を、「ザスーラ」のジョン・ファヴロー監督が実写化。
出演は「トロピックサンダー/史上最低の作戦」のロバート・ダウニー・Jr、「ローズ・イン・タイドランド」のジェフ・ブリッジス、「ブレイブ ワン」のテレンス・ハワード、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のグウィネス・パルトロー、「クラッシュ」のショーン・トーブなど。

<あらすじ>
d0030824_23592215.jpg米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、天才科学者でもあるトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、自社の新兵器デモのためにアフガニスタンを訪れる。
デモを成功させたその帰路、突然襲撃を受けてゲリラに捕まってしまう。
胸に重傷を負ってしまうが、トニーを助けたのは同じく捕まっていたインセン(ショーン・トーブ)という科学者だった。
トニーの心臓付近にある細かい金属片が動かないように、胸に強力な電磁石を取り付けたのだ。
さらにテロリストから、トニーが開発したジェリコという最強のミサイルを作るように強制されてしまう。それを拒d0030824_23593069.jpgんだトニーだったが、生き残るためにテロリストの目を盗んでインセンと共にパワードスーツを作り上げ、脱出に成功するのだった。
トニーは自社の兵器がテロ行為に使われていた事実に衝撃を受け、帰国後に記者会見を行い、一切の兵器開発および製造の停止を宣言する。
そして、自らはテロ撲滅の為にパワードスーツの完成型の開発を始めるのだった。

<作品解説>
マーベル・コミックのヒーローといえば、同じ世界観に存在(例えば「スパイダーマン」や「ファンタスティック・フォー」など)しているそうで、本作は「インクレティブル・ハルク」のラストから時間軸をスライドして繋がっています。
感想は素直におもしろい!
日本ではそれほど人気が出なかったんですが、シンプルかつスピーディーに物語が展開し、尚かつ迫力も十分。なんでヒットしなかったのかが不思議なくらいです。
もっとも、日本でアメコミと聞いて思い浮かぶのが「バットマン」や「スパイダーマン」だし、主演のロバート・ダウニー・Jrもそれほどメジャーではないので仕方ないんですが…。
さて、物語は死の商人と揶揄され、それを甘んじて受け入れる軍事企業スターク・インダストリーズのCEOにして、プレイボーイなトニーが誘拐されるところから始まります。
兵器が無ければ平和が維持できないと断言する傲岸不遜な主人公ですが、自らの兵器が自分の思惑とは違うところで使われていることを知って、大ショックを受けてしまいます。
天才で大富豪ですが、実は世の中を金持ち目線でしか見ていなかったことに気が付く…しかも、正義感溢れる男に変貌しちゃう単純さ(笑)。
さらに1人でパワードスーツを設計して作っちゃったりして、かなり凄い人物なのに、性格はお気楽で憎めない人物です。この性格付け、主演のロバート・ダウニー・Jrの雰囲気がはまっているし、スーツ制作段階の失敗シーンなどおもしろさが凝縮されています。
いくらパワードスーツとはいえ、マッハで飛んだら体潰れるだろうとか、色々とツッコミどころは満載ですが、そういうものを差し引いても十分に楽しめる作品です。

<見どころ>
パワードスーツ装着シーンが格好いい。
ロボット好きなら文句なしに欲しくなる一品(笑)。
空中戦も見事。
そして忘れちゃいけないのが、グウィネス・パルトロー演じる秘書のペッパー。
トニーとの微妙な距離感がいいですね。

<出演者>
最近、よく見るようになったロバート・ダウニー・Jr。元々うまい俳優ですが、本作ははまり役といえます。
ジェフ・ブリッジスの胡散臭さ、テレンス・ハワードの助演ぶりも見事。
あとはやっぱりグウィネス・パルトロー。
ステキです。

<総評>
続編が出たら見に行きたい、そう思わせる作品です。
ロボット的な話だから、男性向けとも言えるかもしれません。
スタッフロールのあとにオマケがありますが、どうやらマーベルコミックの実写化はこのパターンでいくようです。
さっくりと楽しみたい人にオススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-07-20 23:55 | アクション/アドベンチャー
<< 黒帯 KURO-OBI ノウイング >>