トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ノウイング
d0030824_151540.jpg『KNOWING』 アメリカ/2009
監督:アレックス・プロヤス
出演:ニコラス・ケイジ ローズ・バーン チャンドラー・カンタベリー
ララ・ロビンソン  ベン・メンデルソーン  ナディア・タウンゼンド




公開時コピー
地球消滅
その時、人類は何を残せるだろうか。


「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督による、SFサスペンスのディザスタームービー。
出演は「バンコック・デンジャラス」のニコラス・ケイジ、「サンシャイン2057」のローズ・バーン、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のチャンドラー・カンタベリー、「Long Weekend」のララ・ロビンソンなど。

<あらすじ>
d0030824_1511679.jpg1959年、ある小学校でタイムカプセルが埋められることになる。
そこにメッセージを入れるために子供達は思い描く未来を絵にしていたが、ルシンダ(ララ・ロビンソン)だけは紙一杯に謎の数字を書くのだった。
時は変わって現在、MITの宇宙物理学の教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、妻を亡くして以来、少し難聴の息子ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)と2人暮らし。
ケイレブの通う小学校で50年前のタイムカプセルが開かれ、ケイレブはルシンダの書いたメッセージを受け取る。
数字に意味があると思っていたケイレブはそれを持ち帰ってしまう。それを見たジョンは、ただのイタズラ書きだと思うが、ふとしたことからその数字にある意味を見出すのだった。
299691101という数字のブロック、それはあの忌まわしいテロ事件の死者数2669人、そして01年9月11日を示していた。
夜を徹して数字を区切っていったジョンは、それらが全て重大事件・事故の日付と死者数を示していることにd0030824_1512411.jpg気が付き、さらには2年前に妻が亡くなった火事も含まれていることを知って動揺する。
同僚のフィル(ベン・メンデルソーン)に相談するが、全ては偶然で、余った数字の意味を問われてしまう。
しかし、その翌日の数字が含まれており、ジョンは偶然から数字の指し示す惨事を目の当たりにするのだった。

<作品解説>
ディザスタームービーといえばローランド・エメリッヒ監督が思い出されますが、はてさて、「アイ,ロボット」以来数年ぶりのプロヤス監督作品が今更ながらのネタとは思いもしませんでした(エメリッヒ監督は「2012」という新たなディザスタームービーを撮ってますが…)。
さて、本作はサスペンス要素を含めているため、紙一杯に書かれた数字は日付と死者数を示すだけで、具体的にどの様な災害が起きるかというのは終盤になるまでわかりません。
とはいえ、余った数字にもっと深い意味があるのかと思えば、種明かしはあっさりしていて、その後はお決まりパターン…つまりある種の宗教観で語られちゃいます。
まあ、これは仕方ないとしても中盤から終盤にかけては主人公のジョンが慌てているだけのような感じを受けます。宇宙物理学者という肩書きもほとんど役に立っていないのも残念。
予言までの過程も説明不足だったりと、各所にツッコミどころを残した作品です。

<見どころ>
災害と事故のシーンは凄まじいの一言。
クライマックスは圧巻です。

<出演者>
ニコラス・ケイジは少し髪の毛増えましたかね…。
ローズ・バーンは線の細い感じ。特筆すべき演技でも無かったかな。
うまかったのはケイレブ役のチャンドラー・カンタベリー。
子役としてはかなり注目らしいです。

<総評>
サスペンス要素が弱いのと、最後があまりにも…なんかもうちょっと捻って欲しかった。
映像のすごさだけが印象に残ってしまいました。
この手の映画は最後がありきたりになりすぎて、勿体ないですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-07-19 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< アイアンマン ハリー・ポッターと謎のプリンス >>