トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ハリー・ポッターと謎のプリンス
d0030824_3105212.jpg『HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE』
イギリス・アメリカ/2008
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
ジム・ブロードベント ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・ガンボン
アラン・リックマン マギー・スミス ティモシー・スポール
ジェシー・ケイヴ トム・フェルトン ボニー・ライト

公開時コピー
シリーズ最大の悲劇が訪れる!

J.K.ローリング原作の人気シリーズ第6弾。
監督は前作に引き続き、デヴィッド・イェーツ。
出演はシリーズ通してダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンなど。
1作ごとに追加登場する重要なキャラクターを演じたのは「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のジム・ブロードベント、初出演のジェシー・ケイヴなど。

<あらすじ>前作のネタバレを含みます。
d0030824_311025.jpg闇の帝王ヴォルデモートが力を強め、魔法学校ホグワーツも安全ではなくなっていた。
シリウスを失ったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、列車であてもなく旅を続けていた。そこにダンブルドア(マイケル・ガンボン)が現れ、ある男の元に連れて行く。
その人物はかつてホグワーツで魔法薬学を教えていたスラグホーン(ジム・ブロードベント)だった。
死喰い人に狙われていたスラグホーンは、破格の待遇とハリーへの好奇心から復帰を約束する。
ロン(ルパート・グリント)の家に送り届けられたハリー、そこでハーマイオニー(エマ・ワトソン)やロンの妹ジニー(ボニー・ライト)と再会する。
ロン、ハーマイオニーと共に魔法横町に出かけたハリー。
そこで彼らはドラコ(トム・フェルトン)がある店に入るのを見つけ、さらに数人の人物が入っていくのを見る。
ハリーは、ドラコがヴォルデモートに協力していると主張するが…。
学校が始まり、ハリーはスラグホーンの授業に参加することに。
そこで半純血の王子とサインがある教科書を見つけ、そこに書かれた授業のメモを元に成績を伸ばしていき、スラグホーンに気に入られるのだった。
一方、学校では恋愛の騒ぎが巻き起こる。d0030824_311837.jpgロンはラベンダー(ジェシー・ケイヴ)という生徒に好かれ、浮かれる日々。しかし、そんなロンを見るハーマイオニーは嫉妬して、ことあるごとに苛立ちをぶつけるのだった。
ハリーはといえば、ジニーが気になって仕方ないが、ジニーは別の生徒と付きあっており、複雑な感情にとまどっていた。


<作品解説>
このシリーズも6作目。昨年公開予定が、別の公開作品との兼ね合いで今年になってしまいました。
前作までは原作も読んでいたんですが、本作と最終巻は未読のため、続きが非常に気になっていました。
さて、154分という長丁場ながらも、わかりやすい展開、ポイントを絞った恋愛騒動などもうまく絡めています。
また一番嬉しいのはクディッチが久々に見られたってことでしょうか。
本作はハリー、ロン、ハーマイオニーそれぞれが独立した動きを持ったことにあります。
ハリーはダンブルドアと戦いに向けての下調べと準備、ロンは恋愛とクディッチ、ハーマイオニーはロンへの嫉妬心など。
さらにジニーが絡みつつ、恋愛というファクターが重要な役割を果たします。
まあ、それが無いと単なるダークファンタジーになってしまうわけですが…単なるいじめっ子だったドラコの行動も大きく関わってきたりと、色んな意味で伏線が張られておもしろいですね。
そして、タイトルにある「謎のプリンス」。
王子というからには…と思って見ていたんですが、一体どこで絡んでくるのか、かなりドキドキしてました。
原作を読んでいないと、こういう楽しみってあるんだよなぁ。
全体的には暗い感じですが、よくまとまっていますが前作のクライマックスほどの迫力が無かったのが残念。
原作ありきなので仕方ありませんが…。
ところで、英語では「HALF-BLOOD PRINCE」と明確にされているので、劇中訳の「半純血の王子」というのは間違いではない気がします(原作の翻訳は当初「混血のプリンス」だった)。
語呂としては「謎の~」はいいですけどね…なんか微妙な感じ。
それにしても、全7作品をほぼ同一キャストで撮影するという、数ある映画の中では例を見ない作品となりました。

<見どころ>
謎のプリンスが誰なのか、そして最大の悲劇とは…。
悲劇の人物が誰なのかは知っていましたが、プリンスの正体は驚きました。

<出演者>
とにかく成長したメイン3人。
特にエマ・ワトソンは、色々なところで注目を浴びるくらいに美人になりました。
ちょうど、「レオン」のナタリー・ポートマンの様な感じかな。
本作のキーマンとなったスラグホーン役のジム・ブロードベントは、地味な感じ。
濃かったのはラベンダー役のジェシー・ケイヴでしょう。
ストーカーっぽいよ…。

<総評>
最終章が2部作で10年、11年に公開されますが、どうせなら半年くらいのスパンでやってくんないかなぁ。
あと2年は長すぎます。
原作を読むべきか、非常に迷うところです。
ともあれ、本作はかなり面白い出来となっていると思うので、シリーズを見ていない人は是非1作目から。

<関連作品>
ハリー・ポッターと賢者の石 (1作目)
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2作目)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3作目)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (4作目)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (5作目)
ハリー・ポッターと謎のプリンス (6作目)
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (完結編・第1部)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-07-18 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< ノウイング 細菌列島 >>